仮想通貨に関する独自調査をeToroが発表、トレーダー男女比が意外な数値に…?

編集部おすすめ交換所

仮想通貨に関する独自調査をeToroが発表、トレーダー男女比が意外な数値に…?

仮想通貨の利用者数を示した近年の統計で、ある興味深い結果が見られた。それは「女性で仮想通貨を利用している人がほとんどいない」ということ。また、仮想通貨の利用者はそのほとんどが初心者であり、その他大勢に関しては学生もしくは販売・マーケティング職の人だという。

仮想通貨利用の81%が投資関連事業の初心者

ソーシャル・インベストメントネットワークとマルチアセットブローカーであるeToro社は、自社で所有する仮想通貨利用者の膨大なデータベースを利用し、ビットコイン及びその他の仮想通貨の利用状況を調査した。2017年3月から2018年2月までのデータに基づいて、同社は自社のシステムを利用する仮想通貨利用者のプロフィールから、年齢、性別、職業を確認した結果、興味深いデータがいくつか出てきた。

まず、仮想通貨利用者のほとんどが投資関連事業の初心者であるということがわかった。同社の統計によると、仮想通貨市場では、初心者の割合は81.96%にも上り、中級者が10.66%、残りの7.38%が上級者であるそうだ。

仮想通貨利用者の職業に着目すると、予想通りコンピューターやIT関連の事業が15.05%と最も高く、また金融関連は8.48%を示した。意外だったのが、仮想通貨の販売・マーケティングに携わる人の割合が非常に高く、14.49%であったことだ。さらに30%が雇用市場から外れており、13.85%が学生、2.06%が退職者、14.75%が無職である。

仮想通貨を利用する男女比に大差

仮想通貨デベロッパーが指摘する統計上の問題とは女性の参画であり、実際として今回の調査で得たeToro社の統計によると、市場での女性の仮想通貨利用者は全体の8.5%にすぎず、残りの91.5%が男性だそうだ。

他の要素もあるかもしれないが、ビットコインはちょうど技術と金融が交差する場所に位置し、この2つの分野はいずれも性別による偏りが著しい。これを考慮すると、仮想通貨の利用者に男女で偏りが出てくるのは、そこまで驚く話ではない。

興味深いことに、仮想通貨利用者の割合は、ほとんどの仮想通貨で好みに関して性別による偏りが見られ、男女がほぼ同数で利用している仮想通貨はビットコイン(BTC)のみであった。リップル(XRP)の使用率は女性に多く好まれ、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)に関しては男性の使用率が圧倒的に高い。eToro社のベテラン市場アナリストMati Greenspan氏が残したメモにも、「Women Love ripple(女性はリップルを愛する)」とまとめられている。

男女比、仮想通貨別男女比出典:eToro

今年初めeToro社は、イギリスの7大仮想通貨リーディングカンパニーの1社に位置し、仮想通貨産業の自己規制基準の策定と政策の立案を主な業務とする独立した取引機関を結成した。イギリス7大仮想通貨7大仮想通貨リーディングカンパニーは、eToro社の他にCoinbase、Cex.io、Blockex、Commerceblock、Coinshares、そしてCryptocompareが挙げられる。

※本稿ではEtro独自の調査に基づくデータを紹介しています

関連:今は売り?買い?仮想通貨の市場動向を探る方法【eToro(イートロ)の使い方】

参考:
eToro
Bitcoin.com

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット