なぜ仮想通貨がオンライン取引の未来となるのか、企業が採用するメリットとは…?

編集部おすすめ交換所

なぜ仮想通貨がオンライン取引の未来となるのか、企業が採用するメリットとは…?

イギリスの大手新聞社であるThe Guardianによれば、ビットコインなどの仮想通貨は12ヶ月の間に750%以上も価格を上げており、1オンスの金よりも上回っているという。投資家は、未来を予測したうえで市場を監視する必要がある。また、オンライン取引を行うユーザーには、ブロックチェーン、モバイル決済などの新たに開かれたチャンスは非常に人気がある。

しかし、仮想通貨が支払い方法における絶対的で確実な手段という訳でもない。実際、仮想通貨を支払いシステムとして採用する際には企業にとっていくつかのハードルがあり、結果として採用となるには至らないケースもあった。新たな電子決済を選択するには、慎重に慎重をきたす必要がある。しかし、それを踏まえても下記の理由により、仮想通貨はオンライン取引の未来になると言える。

詐欺リスクの軽減が可能

オンライン詐欺は、ネットワークの進化と共に急速に成長し続けている。テクノロジーは人々の生活をよりシンプルにするが、また詐欺を行う者にもその恩恵を与えてしまう諸刃の剣でもある。

全ての情報を駆使し、不正なアカウントを設定した上で、偽造ブランド品を販売することは非常に容易い。その為、現状のオンライン取引の信用度は高いとは言えない状況にある。

対して、仮想通貨に使用されているブロックチェーン技術は製品の信用度を誤魔化すことが出来ない。例えば、チケットの販売などにおいても、ブロックチェーンを利用した場合、販売経路や製品の情報を全て追跡することが可能だ。

また、ブロックチェーンに記載された情報は改変出来ない。その為、ブロックチェーンの採用によって製品の信用度を証明することが可能となる。

決済システムの新たなオプション

生きる為の術として、人々は能力を発揮することにより対価を得なければならない。しかし、俳優やミュージシャン、アーティストなどの賃金格差は驚異的だ。この様なシステムでは、カリグラファーやWEBデザイナーのような組織的に低賃金を強いられている職の多くは有望な才能を否定してしまう。

しかし、ブロックチェーンを利用した場合、上記の人々が正当な報酬を受け取ることが可能となる。つまり、今までのシステムであり得た不当な搾取はブロックチェーンには存在しない。その為、クリエイティブな職種の人々には、仮想通貨のシステムの採用が広まると思われる。

コモディティ通貨との親和性

鉱物資源などの市場商品を主な輸出品としている国の通貨をコモディティ通貨と呼ぶ。そして、コモディティ通貨は全て追跡することが可能だ。つまり、コモディティ通貨はブロックチェーンと同じような性質を持っている。しかし、コモディティ通貨は仮想通貨のような市場による自由形成は不可能だ。

対して、仮想通貨の市場においては、需要と供給に基づいた自由市場を形成している。仮想通貨を基本通貨とする場合、様々な要因によって変動することに加え、価値として不安定である為、基本通貨として採用するにはリスクが高い。しかし、ネットを通じた販売においては、仮想通貨は非常に迅速な処理が可能となる。

オンライン取引は通常オンライン通貨でより効果的に機能する技術に完全に依存しており、販売から支払いまでのプロセス全体をデジタル化する利点は、多分にある。背後にある技術として、法定通貨と仮想通貨を組み合わせることはオンライン取引の未来の姿となるだろう。

参考:PaymentsJournal

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット