期待のライトニングネットワークは時期尚早?支払い実験をやってみた!

6964

編集部ピックアップ

期待のライトニングネットワーク(Lightning Network)は時期尚早?支払い実験をやってみた

ライトニングネットワークの実用化に向けて

ビットコインのライトニングネットワークとは、メインチェーンの外側にバイパス路のようなチェーンを作り、高速送金を実現する技術です。

2017年末に仮想通貨市場がバブル化し、ビットコインの送金が増えて処理能力が限界を超えてしまい、手数料が高騰したことは記憶に新しいと思います。500円を送金する際に3,000円強の手数料が発生するなどの問題が話題になりました。

ライトニングネットワークは、そのようなスケーラビリティ問題を解決すると期待されて来ました。

最近になり、様々なスマホ用ウォレットが実用化され、ライトニングネットワークでの支払いを受け付けるECサイトも複数登場しています。

関連:ライトニングネットワーク関連のアプリケーションが続々と登場

ライトニングネットワークの決済実験

そうした背景もあり、「ライトニングネットワークは日常生活で使い物になるのかどうか」を明らかにすべく、東京は赤坂の暗号通貨バー、サンタルヌー様にご協力頂き、支払い実験を行って来ました。

期待のライトニングネットワークは時期尚早なのか

大変美味なムール貝。ビールに良く合います。

期待のライトニングネットワークは時期尚早なのか

合鴨のパストラミ。酸味の効いた、通な一品。

結論から申し上げると、ユーザー視点で見た場合、「ライトニングネットワークは開発途上で時期尚早」です。

ライトニングネットワークでは、相手のアドレスに送金した後の承認されるまでの待ち時間は無く、即時承認されます。この点はとても良いです。

ビットコインやビットコインキャッシュは1承認が終わるまでに平均で10分の待機時間が必要です。しかし実際の商取引では、顧客の利便性を優先して1承認を待つ事なく、店頭決済を終了しています(0承認と呼ばれます)。ライトニングネットワークでは承認自体が即時ですので、この点は大変良いと思いました。

一方でライトニングネットワークの仕様として下記2点の課題があります。

  1. 受け取り側が請求書を作る必要がある
  2. 受け取れる金額は、過去の送金実績が上限

1点目に関してはそれほど問題ではありません。モナコインの投げ銭や寄付のように、一方的に相手のアドレスに送りつけるような使い方は出来ませんが、店頭払いにおいては、むしろ顧客側にとって利便性が高いでしょう。

2点目は非常に問題です。例えばライトニングネットワークを実装したお店側が「1万円の飲食費」を顧客に請求したい場合は、過去に「1万円以上」をライトニングネットワーク上で送金した実績が必要のようです。

この実績はチャネルを張るためにデポジットした金額ではなく、実際に相手に送った金額です(ライトニングネットワークを使える状態にするには、ある程度の金額をペイメントチャネルへ事前に入金する必要があります。Suicaのデポジット機能に近いです)。

今回のフィールド実験では、サンタルヌーさん側で全ての請求金額をライトニングネットワークで受け取る事が出来なかったため、残金を別の手段で支払う必要が生じました。

期待のライトニングネットワークは時期尚早なのか

日本円で約84円分をライトニングネットワークでお支払い。

オンチェーンでの支払いに変更しようしたところ、あいにくライトニングネットワークのペイメントチャネルに手持ちのビットコインを送金済みで残高無し。現金も無くて支払えない。取引所からの送金はGOXのリスクがあるので避けたい。このままでは食い逃げになる。怒ったら怖そうなマスターのプレッシャー(注:大変温厚な方です)。

期待のライトニングネットワークは時期尚早なのか

最終的には、ライバルであるビットコインキャッシュで残額を支払うという、皮肉な展開になりました。ライトニングネットワークに期待している筆者としては、なんとも歯痒いオチです。

Hash hubカンファレンスでも議論されたライトニングネットワーク

さて先日、東京大学で行われたHash hub canferenceでは、ライトニングネットワークを筆頭にセカンドレイヤー技術の最前線について、国内のトッププレイヤーによる発表や議論が活発に交わされました。

関連:HashHub Conference 2018に行きました:くりぷと戦記

その中では、「実用化までは時間がかかる」「ライトニングネットワークが本領を発揮するのは、個人間送金ではなく、機械間取引や、取引所間でのアービトラージ」「今まで価値の付かなかったものに価値が与えられれる際の手段に」などといった意見が出ました。

ライトニングネットワークは未来を形作る技術の1つですので、今後の発展に注目したいと思います。

最後に、サンタルヌーさんでの私の窮地を救ってくれたビットコインキャッシュ、誕生1周年おめでとうございます。とても送金しやすかったです。

関連
全部知ってる?ライトニングネットワーク(LN)対応プロダクトの先端事例を紹介
ビットコインキャッシュ誕生記念Twitterキャンペーン(2018/8/8まで)
現在のビットコインキャッシュ(BCH)の価格・相場・チャート

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット