ビットコイン(BTC)の現状、技術的な課題と解決策【BlockchainJam2018参加まとめ】

編集部ピックアップ

ビットコイン(BTC)の現状、技術的な課題と解決策【BlockchainJam2018参加レポート】

先日(10月21日)六本木にて「BlockchainJam 2018(ブロックチェーンジャム)」が開催されました。本記事では、ブロックチェーン技術者である日向理彦氏が行った講演をまとめながら、現状の重要な技術キーワードについて理解を深められるようにします。

スケーラビリティ

スケーラビリティ

スケーラビリティ問題とは増え続ける取引に伴い、負荷が上昇する問題のことです。

現時点での限界性能に目を向けると、クレジットカード(VISA)は1秒に2,000の取引、最大値で56,000をさばくことができます。一方ビットコイン(BTC)の場合はネットワーク帯域の面では1,250件くらい、その他CPUやブロックサイズなども考慮するとビットコイン(BTC)の場合は1秒間に8件しか取引をさばくことができません。

ビットコインキャッシュ(BCH)の場合は、ブロックサイズを引き上げていますが、ネットワーク帯域の使用などが増えてしまうため、ビットコイン(BTC)はブロックのサイズを1メガバイトに抑えたまま、新しい技術で問題を解決する動きもあります。

ペイメントチャンネルとライトニング

ペイメントチャンネルはブロックチェーン上でトランザクションを行うのではなく、お金のやり取りをするAさんとBさんの2者間でチャネルを開き最初のデポジットを行い、一定期間お金のやり取りがあった後で最後のお互いの残額をブロックチェーンに記録するものです。最初と最後の部分での残額しか記録しないため、ブロックチェーンに記録する取引を減らすことができます。

これを応用し、AさんとBさん間のチャネルと、BさんとCさん間のチャネルを経由して、AさんからCさんへ送金できる技術がライトニングネットワークで、これが広まるとビットコイン(BTC)のブロックチェーンにかかる負荷が大幅に軽減されることが期待されています。

シュノア署名

シュノア署名とは、署名をまとめることができる技術です。例えばマルチシグの時もマルチシグなのにシングルシグのように処理することができ、これをまとめられるとかなりトランザクションサイズの軽減に貢献できると考えられます。

プライバシー

プライバシー

ビットコイン(BTC)の課題としてよく挙げられるプライバシーですが、これが重要な理由は主に二つです。一つ目は利用者の送金に関するプライバシーの保護、そしてもう一つは代替可能性(ファンジビリティ)です。

代替可能性とは、まっさらな一万円札でも、ボロボロの一万円札でも、過去に犯罪に使われたものであっても、お店に行けば同じ1万円分の価値を持つ1万円札として受け取ってもらえることです。この代替可能性は安心してお金として使われるためには非常に重要となります。

攪拌(かくはん)サービスとコインジョイン、Tamblebit

攪拌サービス(ミキシング)はみんながタンブラー(中間管理者)にお金を送り、タンブラーからまたみんなにお金を送り返してもらうことでどのお金が誰のものかわからなくするサービスです。

この次に登場したコインジョインは、上記の攪拌サービスをトランザクションで行うことにより、中の仲介者がビットコイン(BTC)を持ち逃げしてしまうリスクを回避することができるようになっています。

また、攪拌サービスは送金者たちと受信者たちの間にいる存在(タンブラー)にどの取引が誰のものか知られてしまいますが、Tamblebit(タンブルビット)という仕組みではタンブラーですらどの取引が誰のものか分からないようにし、攪拌サービスの問題点を解決しています。

リング署名

通常であれば一つの署名に一つの鍵がありますが、リング署名を使えば複数名のうちの誰かが署名をしたことは分かるが、誰なのかはわからない、という形で匿名化を図ることができます。

この他ジーキャッシュ(Zcash)などで使用されている「ゼロ知識証明」や、楕円(だえん)曲線暗号を使って送金額を隠すことができるコンフィデンシャルトランザクションなどがあります。

スライドはこちらから見る事ができます。

このセッションで紹介されたものには、初期段階で提案されてもう使われていないものや、まだ開発中のものまで幅広く含まれていますが、ビットコイン(BTC)の今後の流れを追う中で知っておくべきキーワードだと言えます。

ビットコイン(BTC)の現状、技術的な課題と解決策【BlockchainJam2018参加レポート】

ビットコイン(BTC)のリアルタイムレートを確認

関連
ビットコイン(BTC)の信用はハッシュレートで数値化できる、関係性を考察
イーサリアム(ETH)の抱えるスケーラビリティ問題とは?

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット