ドイツ銀行がビットコイン(BTC)を分析「今後2~3年がターニングポイント」

編集部おすすめ

ドイツ銀行がビットコイン(BTC)を分析「今後2~3年がターニングポイント」

ドイツ銀行は3月17日、「Bitcoins: Can the Tinkerbell Effect Become a Self-Fulfilling Prophecy?(ビットコイン:ティンカーベル効果は自己実現の予言となるか)」というレポートを発表した。この中でドイツ銀行は、短期的・長期的の両面からビットコインを分析している。

ビットコインの価値は人が何を信じているか

今回の報告の中でドイツ銀行は、ビットコインをティンカーベル効果で説明した。ティンカーベル効果とは「子供たちがティンカーベルが存在すると信じているから、ティンカーベルが存在する」というピーターパンの主張に基づいており、「人々が何かを信じれば信じるほど、それが起こる可能性が高くなる」という意味だ。

ドイツ銀行は、短期的なビットコインについて価値は変動し続けるだとうと分析している。ビットコインの取引のうち、商品やサービスの支払いに関連するものは30%未満、残りの大部分は金融投資として利用されているというのが、ドイツ銀行の見解だ。

ただし投資資産としてのビットコインの流動性は、まだ低いと見ている。2020年に取引されたビットコインは、流通しているビットコイン全体の150%にあたる2,800万BTCだ。これに対しアップル社の株は、流通している株式全体の270%にあたる400億株が取引された。このような限定的な流動性により、ビットコインのボラティリティの高さが続き、いくつかの多額の追加購入や市場からの撤退が需給の均衡に多大な影響を与えている可能性があるとしている。そのボラティリティの根本的な原因につていは、小規模な戦術的資産配分、および大規模な資産運用会社の参入と撤退だとしている。

将来的に重要な決済手段になるという仮説が立つ

ビットコインの長期的な展望については、テスラを例に挙げて説明している。テスラの時価総額は3月12日時点で6,650億ドル(約72兆3,000億円)で、フォードとGMを合わせた時価総額の約5倍に相当する。しかし2020年に販売した自動車の台数を比較すると、GMはテスラの約8倍、フォードはテスラの5倍以上となっている。現在のテスラの評価は、市場が電気自動車に大きくシフトするという前提にあり、テスラはこの市場で絶対的なリーダーであり続けるという仮説につながっている。

ドイツ銀行によるとビットコインもテスラと同様のことが言えるという。3月15日時点でのビットコインの時価総額は1兆750億ドル(約117兆円)だ。これは流通している円の約102%、ユーロの約65%、米ドルの約53%、英ポンドの約904%に相当する。だが米ドルで1日に交換されているビットコインの平均枚数は、円の0.05%、英ポンドの0.06%相当だ。

ドイツ銀行の見立てでは、ビットコインの現在の評価は、国境を越えたデジタル通貨へシフトするという前提があり、デジタル資産のリーダーであるビットコインは、ネットワーク効果の恩恵を受け、将来的に重要な決済手段になるという仮説を立てている。さらに今後2、3年がビットコインにとってターニングポイントとなるだろうと推測した。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Part III. Bitcoins: Can the Tinkerbell Effect Become a Self-Fulfilling Prophecy?

【こんな記事も読まれています】
米認定投資家の4人中3人が年内にビットコインに投資、Xangleの調査結果
ハリウッド映画のNFT化は可能か?秘められた価値と実現へのハードル
長期債金利・GBTCプレミアムなどの指標から今のビットコイン市場をどう見るか?

文:かにたま


前のニュース米認定投資家の4人中3人が年内にビットコインに投資、Xangleの調査結果
次のニュースSolana X SerumのDeFiハッカソン結果発表!500万円分の賞金を手にしたプロジェクトは?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。