アイドルのための異次元メディアマーケット「RIGHTS」発表イベントに参加しました!

編集部ピックアップ

アイドルのための異次元メディアマーケット「RIGHTS」発表イベントに参加しました!出典:Rightsホームページより

五月雨まくら(@samidare_makura)です。
2018年7月30日に東京都・港区でおこなわれた『アイドルのための「異次元メディアマーケット RIGHTS」発表イベント』に参加してきました。

アイドルのための異次元メディアマーケット「RIGHTS」発表イベントに参加しました!出典:Rightsホームページより

このイベントを通じて五月雨(筆者)が得た洞察を、まとめていきたいと思います。

異次元メディアマーケット RIGHTS

ここでは簡単にRightプロジェクトの説明をします。

Rightsは「デジタルコンテンツ × ブロックチェーン」をテーマにしたプロジェクトです。

プロジェクトの目的は、

  • コンテンツクリエイターの収益基盤を作る
  • アーティストとファンをより近づける
  • 現実世界とデジタル世界の境界を曖昧にする

ことの3つです。

これを実現するために7つの活動を推進していきます。

  1. デジタルコンテンツの所有権を保証し、デジタルコンテンツを確かな存在に変える
  2. 全てのコンテンツホルダーにデジタルコンテンツ販売の場を提供する
  3. デジタルコンテンツの不正流通を抑制する
  4. アーティストと会える、話せる空間を作り出す
  5. コミュニティの熱量を可視化し、新規ファンを惹きつける
  6. コミュニティの熱量を高める“Rights イベント”の開催
  7. Rights 参加アーティスト応援ライブの定期開催

イベントへの参加を通じて得た洞察

ここでは今回のイベントから通じて得た洞察として、新たにブロックチェーン・プロジェクトを立ち上げる時に参考にすべきことを3つまとめたいと思います。

スモールスタートを徹底する

イベントの中で、Rightsは戦略としてスモールスタートを徹底するというお話がありました。そのため将来的には大きな市場を狙うものの、初期の段階ではインディーズのアイドルに特化しています。それを象徴するように今回のイベントでもインディーズアイドルのライブやアイドルプロデューサーの方のパネルディスカッションがありました。

このようにプラットフォームを目指すプロジェクトが、ニッチな分野で新市場を創設して顧客基盤を獲得することは戦略上とても大切です。なぜなら顧客基盤がないとネットワーク効果を十分に得ることができず競争に打ち勝つことはできないからです。そのためRightsのこの戦略には見習うべきところがあるのではないかと思いました。

リアルをデジタルにコンバートする

現在においてリアルなモノをデジタルにコンバートすることは珍しいことではありませんが、リアルがなモノが持つ質感や熱量などをデジタルに置き換えることは難しいです。Rightsは、デジタルカードにリアルな質感を持たせるためにエフェクト効果を実装したり、アーティストコミュニティの熱量をビジュアル化してデジタル上に再現したり、リアルなモノを機械的に変換するだけではなく、一工夫加えているところが細かいけれど、とても重要な施策に感じられました。

アーティストのイベントの開催も活動内容に組み込んでいるところも面白いと思います。なぜならインディーズのアイドルでは「現場感」がファンにとって非常に大切な意味を持っていて、デジタルな世界だけで完結していては、顧客満足を引き出すことはできないからです。そして単にイベントを開催して終わりというのではなく、それらをデジタル世界と結びつけようとする試みは注目に値すると思います。

ブロックチェーンに囚われない

ブロックチェーンは技術としても思想としても、とても優れていることはみなさんご存知の通りです。しかしブロックチェーンに囚われてしまうと、現実のユースケースを生み出す上で困難が生じてしまう場合が多々あります。

例えばすべてのトランザクションをブロックチェーン上で実行しようとアプリケーションを実装すれば、手数料がかかる上、動作も遅い、ユーザビリティの低いサービスになってしまうことでしょう。またすべての仕組みを中央集権的ではなく分散的に実現しようとすると、非効率が生じてしまう場合は多々あります。

Rightsが賢いのは、ブロックチェーンを基軸としつつもそれに囚われず、柔軟な考えをもってプロダクトを開発しているところです。これはブロックチェーンのサービスを開発しているすべての人にとって重要な視点になってくると思います。

五月雨の結論と考察

Rightsのイベントへの参加から得た洞察を共有させていただきました。プロジェクトのイベントに参加することは、そのプロジェクトの活動を知ることができるだけではなく、さまざまな学びを得ることができます。ですので五月雨はイベントがあればなるべく出かけるようにしています。

仮想通貨のイベントは、たくさん開催されているのでもしイベントに参加することに興味がある人は、積極的に参加してみるようにするといいかもしれません。これからも良いイベントに参加したらその報告をさせていただきますね。

関連
ブロックチェーン×コスプレという新しい試み、コスプレ産業が抱える問題点をプロジェクトが解決
オープンソースの暗号通貨プロジェクトに参加することは緩いスタートアップのようなもの

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット