DMMが仮想通貨マイニング研究のためのラボを新設

編集部おすすめ

DMMが仮想通貨マイニングに利用する機械について研究するための「DMMマイニングラボ」を新設したことを発表した。

マイニングラボでは様々な種類のマシンのハッシュパワーと電力の最適のバランスの研究を行っており、当面は1台当たりのマイニングマシンのハッシュパワーを高める、つまり効率を上げていくことが目的となる。

マシンは電圧などの調整を行うことで、同じマシンでもよりマイニングの効率を上げることができる。

写真からはビットコインのマイニング専用マシン(ASIC)や、その他アルトコインのマイニングに幅広く使えるGPUなど色んな種類のものが揃えられていることがわかる。

この他、大手のメーカーとも協力体制の構築を進めており、まだ発売される前のマシンのサンプル試用も行う準備をしているとのことだ。

DMMは昨年にマイニング事業への参入を発表しており、2017年の9月8日に仮想通貨事業部を発足。 2018年度中にトップ10に入る規模のマイニングファームを目指す「DMM POOL」や一般ユーザーが資金を投じて参加できるクラウドサービスの展開などについての構想を発表していた。

DMMは、DMMビットコインネクストカレンシーのcointapなどブロックチェーンの事業領域を拡大している。


前のニュース年末年始にNEM(XEM)、リップルが急騰|目標1,000万!250万からの挑戦
次のニュースロシアが仮想通貨やICO規制を3月までに法制化
ヨリコ ビール
ビールとも呼ばれています。2015年夏から仮想通貨の翻訳や編集を中心に活動中。難しい言葉やコンセプトが多いからこそ、文系女子の視点からなるべく分かりやすく楽しい記事を目指しています。Youtubeチャンネル「ビットコイナー反省会」ツイッターでも情報発信中。