DMM ブロックチェーン技術採用のスマートコントラクト事業開始

編集部おすすめ交換所

DMMスマートコントラクト事業開始リリース

DMMが、2018年1月17日にスマートコントラクト事業開始のリリースを発表した。DMMグループは、仮想通貨周辺事業を増加させている。すでに下記4つのプロジェクトを進めており、5つ目が追加された形だ。

1.DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
2.ネクストカレンシー cointap(コインタップ)
3.DMMマイニングラボ
4.DMMマイニングファーム

リリースによると、マイニング事業にて収益を出し、スマートコントラクト事業へ投資、その後関連事業の採用を強化していくという流れだ。現在、仮想通貨は投機対象となっており、消費者の実生活での利用機会は少ない状況だ。消費者が実際に利用できるフロー構築を目指していくとのこと。

スマートコントラクト事業領域の広げ方としては、下記キーワードに対して順次検討していく。
民泊、デジタルコンテンツ、クリエイター、投げ銭、シェアリング、メディア、行政、物流、ゲーム、株式、超少額決済、レンディング、IoT、アグリテック、保険、教育、フェアトレード、国際送金など。

様々な事業展開を行っている企業なので、ブロックチェーン技術を活かし、既存事業の加速と新規事業構築の2つの側面からアプローチを行うDMMの今後の展開は楽しみである。

参考:https://dmm-corp.com/press/press-release/21242

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット