ドバイの仮想通貨取引所BTSEがモネロ(XMR)の先物取引を開始

編集部おすすめ

ドバイの仮想通貨取引所BTSEがモネロ(XMR)の先物取引を開始

ドバイで認可された仮想通貨取引所であるBTSEが10月30日、匿名性が高いことで知られる仮想通貨モネロ(XMR)の先物取引を開始したことを同社のブログ内で発表した。

このブログによるとBTSEは、モネロの先物取引のサービス提供する世界で唯一の取引所である。なおBTSEでは、モネロ以外でもビットコイン・イーサリアム・ライトコインの先物取引も行っている。

ツイッター上にあるBTSEのアカウントでも30日、ブログのリンクを添えてモネロの先物取引開始を発表している。このツイッターではさらに、仮想通貨から仮想通貨への交換に本人確認(KYC)不要であることや送金額制限なし、初回預け入れ金額に加えて100ドルが無料で付与されるなどBTSEの特徴を説明している。

仮想通貨の先物取引とは?

先物取引とは、現時点の相場で将来の取引を約束することである。仮想通貨では、バイナンス(Binance)やバックト(Bakkt)などがビットコインの先物取引のサービスを提供している。

また仮想通貨の先物取引ではレバレッジ取引を認めていることがある。BTSEの先物取引では、ビットコインとモネロは最大で100倍まで、イーサリアムとライトコインは最大50倍までレバレッジをかけることができる。なおバイナンスのビットコイン先物取引では最大125倍までレバレッジを設定することが可能である。

ドバイの仮想通貨取引所BTSEとは?

BTSEはドバイ政府経済開発局により認可されている仮想通貨取引所である。英語・中国語・日本語・韓国語の4言語に対応しており、ビットコインやイーサリアムをはじめ、7種類の仮想通貨と米ドル・英ポンド・ユーロ・日本円など8種類の法定通貨を取り扱っている。

アラブ首長国連邦中央銀行の規制下にあり、同銀行による投資戦略・サービス・財務報告のために設定された品質基準を厳守している。BTSEはビットコイン愛好家のために金融サービスから高頻度アルゴリズム取引まで、さまざまなバックグラウンドの中で幅広い経験を持つ専門家チームによって設立された取引所。

またBTSEでは、あらゆる信頼できる環境で高い流動性と迅速な決済を備えたプラットフォームを提供している。自社の理念としてBTSEは、このプラットフォームで使いやすさと信頼性を提供することによりプロのトレーダーや機関投資家のニーズを満たすことだとしている。

参考
BTSE Launches Monero Futures Trading

【こんな記事も読まれています】
ドバイが独自デジタル通貨「emCash」を市民に提供する世界初の都市を目指す
ブロックチェーンベース決済プラットフォームがドバイ政府機関で導入開始
仮想通貨の市場規模は2,000兆円越えに?ドバイの企業が10年後の予想を発表

文:かにたま