ビットコイン投資をはじめたい。でも何からやればいいのか分からない!今回はそんな初心者の方に向け、現役為替ディーラーがポイントをわかりやすく解説します。

はじめまして!現在トレイダーズ証券にて通貨のトレーディングに従事しております河田と申します。

これから毎月数回ほど、ビットコインの投資レポートを書かせて頂くこととなりました。

私自身まだまだ勉強中の身ではございますが、どうぞよろしくお願いします。是非、一緒に勉強していきましょう。

投資経験者は僅か〇%

さて、仮想通貨の親分とも言えるビットコインですが、最近ニュースで見かけるようになった方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨と聞くと、何やら電子マネーやポイントカードに似た「手で触れないお金」のようなものを想像してしまいますが、価格が上がったり下がったりする点で少し違和感がありますよね。

ビットコインは専用の取引所を介して現金と交換する事ができます。

基本的な仕組みとして、現金よりビットコインを持ちたい人が増えるとビットコインは買われ価格は上がり、反対にビットコインより現金を持ちたい人が増えるとビットコインが売られ価格が下がります。

予想通りビットコインの価格が上昇するとビットコインを持っているだけで利益が生まれるわけですが、最近では何かと「価格が上がった!」「価格が下がった!」と報道される事が多く、不安に感じて投資に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

マネックスグループが先日実施した調査によれば、ビットコインに実際に投資を行っている個人投資家は全体の3%に過ぎないのに対し、興味はあるがまだ投資をしていない個人投資家は35%もいます。

筆者自身も、昨年から関心を寄せていたものの、投資を始めたのは今年からになります。

ビットコインに投資するということは・・

ビットコインはコインと名がつくものの、正確にはブロックチェーンという技術を用いた決済システムとして誕生しました。

私達が日々利用している電子マネー、銀行振り込みやクレジットカードなどと並び、それに代わる形でお金が支払えますよ、というわけです。

私達が毎日ショッピングや送金をする際に選択する決済方法には、(特に意識する事は無いかもしれませんが)それぞれ仕組み上の長所と短所があります(次号以降で紹介いたします)。

海外旅行に行かれた方なら日本と外国で決済の利便性や発達度が違う事に驚かれた方もいるのではないでしょうか。

ビットコインはこのような決済市場に技術を使って革命を起こし、あわよくば現金に代わる事を期待されています。

すなわちビットコインに投資をするということは、今後ビットコインが革新的な決済手段として普及し、既存の決済システムに取って代わる、という可能性に投資をする事と同じです。

まずは買ってみよう

このブロックチェーンの仕組みですが、最先端の技術を使っているためとても難解で、完全に理解することは困難です。

でも安心してください。これらの全てを理解せずともビットコインへの投資は十分に行えます。

価格が日々変わる相場の世界では必ずしも教科書通りには動きませんし、全ての情報や知識が投資判断に活かせるわけでもありません。時によっては必要以上の準備が判断の妨げになる事もあります。

ゲームの歴史や、裏側にある技術的な仕組みを理解せずとも、勝負に勝つ事ができるのと一緒です。

投資や運用で最も重要なのは、まずは実際に買ってみる、持ってみる事です。

毎日の値動きの中で「なぜ上がったのか」「次はどうなるのか」などと頭をフル回転させ、必要な情報を過不足なく適宜キャッチアップしていく事が重要になります。

中長期的な価格から考える

とはいえ、何を基準に価格を予想すればいいのか。何も手掛かりがなくては心もとないですよね。この点については、まずは長い目でざっくりとしたイメージを持つ事が重要です。

例えば株式投資では銘柄を選択する際に「その会社の売上が今後数年の間に2倍になりそうか」をイメージすると、決断の根拠が明確になります。自動運転技術でトヨタの売上が2倍になると思うならトヨタ株を購入するでしょうし、ちょっとツウな方ならトヨタだけではなく部品会社の株も購入するかもしれません。なぜ投資をするのか、なぜ迷っているのかを言葉でノートに書き出してみると、さらに客観的な判断が行えるかもしれません。

ビットコインの場合はどうでしょうか。ビットコインの発行量は約2100万BTCと定められています。言いかえれば今後ビットコインを持ちたい人が増えても、それにあわせてビットコインが増える事はありません。

例えば、決済手段としての普及で「ビットコインを保有したい人が2倍になる」と考えるなら、1人のビットコインを2人で分けあわなければならないので、ビットコインの価格は2倍になります。このように長い目で考えれば、連日の急騰暴落でも迷うことなく、冷静に安いか高いかを判断する事ができます。

今後機会があれば説明したいと思いますが、筆者は漠然と「2020年までにビットコインを所有したい人は今より4-5倍くらいにはなりそうだなー」とイメージしています。ですから少なくとも1BTCが120万円-150万円(現在は約30万円)を突破するまでは、長い目で見ればあがり続けるだろうなと考えています。

——————————————————————————————-

【執筆者】河田 西欧(カワダ サイオウ)トレイダーズ証券市場部ディーリング課