ECB総裁のドラギ氏がビットコインの規制に関して発言

4727

編集部ピックアップ

ECB(欧州中央銀行)の総裁であるマリオ・ドラギ氏は「仮想通貨は規制されるほどにはまだ成熟していない」と発言した。

CNBCによると、先日の記者会見ではドラギ氏は以下のように記者たちに語ったとされている。

「なにか新しいものについて、人々はとても大きな期待と不安を感じてしまうものである。特にビットコインとその他の仮想通貨に関して、現時点ではこの技術は私たちの考慮に値するほど成熟していないと考えている。」

仮想通貨の可能性についての質問には次のように答えている。

「これまでの金融危機から得た教訓は、ビットコインのような新しいフィンテック技術革新の恩恵を大切にしながらも潜在的な危険性に注意を払うことだ。」

この発言は先月行われた経済と通貨問題に関する欧州議会委員会での、ECBが仮想通貨を禁止したり規制する権限を持っていないという発言に続くものだ。

ドラギ氏は仮想通貨の技術的成熟を待とうとしているようだが、一方でIMFの理事であるクリスティーヌ・ラガルド氏は「仮想通貨は「大規模な混乱」を引き起こす可能性があるので、深刻に受け止め、考えないといけない。」と述べている。

参考:CoinDesk

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット