エニグマ(Enigma)ノードと主要なステークホルダー4つの役割について解説

4942

編集部ピックアップ

エニグマ(Enigma)ノードと主要なステークホルダー4つの役割について解説

エニグマ(Enigma)はロードマップを変更し、パートナーと一緒にメインネットのローンチをすると発表した。最初は、イーサリアム(Ethereum)を使ってメインネットをローンチするが、将来的には、独自のチェーンに移行するような計画で動いている。

▼これまでの流れを読む
ブロックチェーンの強化を目指すエニグマの今後の動きとは?
エニグマのメインネットに向けた次ステップ!ノードとインセンティブについても考察

そんなEnigmaではシークレットコントラクトが注目されており、既存のブロックチェーンを強化するセカンドレイヤーとしての開発が進行中、ブロックチェーンのスケーラビリティーとデータのプライバシー性をEnigmaプロトコルによって改善できる。そんなEnigmaのノードとステークホルダーは、ネットワークにとってどういう役割を担うのだろうか。

エニグマ(Enigma)ノードとステークホルダーの役割について出典:Enigma公式ブログ(Medium)

エニグマ(Enigma)のステークホルダーとは?

Enigmaネットワークには、4つのステークホルダーがある。

シークレットノード

シークレットノードとは、Enigmaネットワーク内のノードを実行し、シークレットコントラクトがプライバシー保護で実行されるようにするネットワーク参加者のこと。ビットコイン(Bitcoin)のマイニングと同様の機能を実行するもの。

コンセンサスノード

コンセンサスノードとは、Enigmaブロックチェーン自体を操作する。演算を検証し、状態変化の最終的な順序を設定。(現在はEthereumのブロックチェーンに依存しているため実用化されていない。)

開発者

ここでいう開発者とは、機密データ入力のためにシークレットコントラクトを必要とするDapps(分散型アプリケーション)を構築する者。

Dappsユーザー

Dappsユーザーとは、シークレットコントラクトを使ったDappsのユーザーのことをさす。

開発者はシークレットノードを実行でき、ノードランナーはシークレットノードとコンセンサスノードの両方を操作できる。

シークレットノードのインセンティブとは?

Enigmaはオープンソースのネットワークとなり、ノードは誰でも稼働することができる。また、ノードはIntel SGX対応デバイスを実行する必要がある。Enigmaチェーンが利用可能になったとき、ノードは特別なハードウェアを必要としない。

Enigmaネットワークは作業者選択のためのステークモデル証明を使用。シークレットコントラクトを実行するために選択されるノードは、ノードによってステークされたENGトークンの量に比例する。これは自身が持つENGトークンの量と比例して、ノードが選択される確率が増加。よって累積的インセンティブも大きくなることを意味する。

また、ノードを実行するために必要なENGトークンの最小量も決める。初期は高くなり、徐々に減少することで、数万のノードに対応するとしている。これらの詳細はメインネットリリースが近くなったら発表するとのこと。

ENGトークンの役割と有用性

ENGトークンとは、Enigmaネットワークにとって重要なもの。計算のための支払いとステーキングのための2つの役割がある。Enigmaのようなネットワークは、アライメントメカニズムとして機能するトークンによって可能となる。

ENGの主な役割(Enigmaプロトコルでの計算の支払い)

EnigmaプロトコルにおけるENGトークンの主な役割は、Ethereumネットワークのガス(Gas)に類似したコストである。アプリケーションがEnigmaネットワーク上でシークレットコントラクトを実行する場合、アプリケーションとやり取りするエンドユーザーは、ENGを費やしてプライバシー保護の計算を完了させる。

ENGの役割(シークレットノードのためのステーキング)

Enigmaネットワークは、ステーキングシステムを利用している。このシステムでは、シークレットノードが所有するトークンが多いほど、次のシークレットコントラクトの検証に取り組める可能性が高くなる。ノードがENGトークンの取得保有により、シークレットコントラクトを実行して、インセンティブを得る機会を増やす。

考察まとめ

Enigmaネットワークを稼働し、シークレットコントラクトを実行検証するためには、ノードの存在は不可欠であり、そのノードとネットワーク安定させるためにENGトークンは使用される。

メインネットリリースまでは、もう少し時間がかかりそうだが、Enigmaパートナーとともにシークレットコントラクトとその技術を使ったプロジェクトは進んでいる。シークレットコントラクトによって、現在のWebの問題点を改善することが可能となるのではないかと思う。

参考:Enigma公式ブログ

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット