【墨汁速報】イーサリアムなど5.3億円の被害 欧州仮想通貨取引所Eterbaseがハッキング

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

ヨーロッパの小規模仮想通貨取引所「Eterbase」は9月8日、同社のホットウォレットからイーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)、リップル(XRP)を含む計5億3,000万円相当の仮想通貨(暗号資産)が盗まれたと発表した。

Eterbaseのハッキング詳細

Eterbase公式によると、同社の仮想通貨顧客資産引出しに即座に対応するためのホットウォレットから約500万ドル、日本円にして5.3億円に相当するイーサリアムやイーサリアム上のERC20トークン、リップルやビットコインが盗まれた。

ハッカーの引き出したトランザクションによると、日本時間9月8日午前7時46分に387ETHが盗まれており、1時間かけてテザー(USDT)やDeFiのCOMP、CRVなどといった複数のトークンが盗まれている。

ハッカーはETHなどを既に資金洗浄

被害にあったメジャーなERC20トークンはさまざまで、トークンの種類と被害額は下記の通り。

  • Binance Coin:2182.1BNB
  • Tether:2658.5USDT
  • Basic Attention Token:186,984BAT
  • Compound:213.3COMP
  • Yearn Finance:13.9YFI
  • Chain Link:37,255LINK
  • Balancer:2,247BAL
  • Curve:12,326.5CRV
  • Maker:DAO 35.7MKR
  • Sushiswap:13552.3SUSHI
  • 0x:53,120ZRX
  • Synthetix:109,389SNX

個別のトークンでの被害額は最大でも数百万円ほどでさほど多くない。ハッカーに盗まれたトークンはDEXのEtherdeltaを通じてマネーロンダリングされており、イーサリアム以外の仮想通貨は仮想通貨取引所に送金されたとしている。Eterbaseはハッカーが使用したとみられる仮想通貨取引所にコンタクト済みだと述べている。

ハッカーのアドレス一覧

ETH Address: 0x7860F7b2874e77E80bE0fC6EbfB9414f89781aD9

TRX Address: TPdhhbCHqXzrDyUiQnHApS7VL2UxB8Qhna

XTZ Address: tz1hnoxVgc8Z1DUa6D18EUkPCXmNbaHwmLRc

BTC Address: 1ANLZZ2YFGumRXaD3EMii92zWQgvX2CK9c

ALGO Address: PDVFO5SDJMOJ6MC7KAD27DDGQ5YQD4IUTDJR2QRCPENT5A5T6CGT2VAAEI

XRP Address: rNwgkFj6QadEXUyS1jgTD2XEsi8HanKzDX

【こんな記事も読まれています】
年利100%超えは詐欺?今イーサリアム上のDeFiで何が起こっているのか
ビットコイン(BTC)にプラスの要因?Twitterハッキングがもたらす仮想通貨業界への影響
仮想通貨市場の成功者バイナンスCEOがDeFiバブルを警告

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース不安定なビットコイン(BTC)市場、ソフトバンクやロビンフッダーの影響も
次のニュースDeFi人気はまだ続く?Polkadot上のトークンがプレセールで売り切れに
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者