イーサリアム(ETH)が1位、ビットコイン(BTC)は13位!中国パブリックチェーン評価インデックス発表

13788

編集部おすすめ

イーサリアム(ETH)が1位、リップル(XRP)は17位!中国パブリックチェーン評価インデックス発表

中国の工業情報化省は2018年5月17日、予告していた初の「世界パブリックチェーン評価インデックス」を発表した。それによると指標化された主要28種の仮想通貨の中で、イーサリアム(ETH)が1位、ビットコイン(BTC)は13位、リップル(XRP)は17位となった。

中国は5月11日に月間インデックスを近く公表すると発表していた。国内の優れた専門家や学者が参加して、「テクノロジー」「アプリケーション」「イノベーション」の3つの指標を基準にしてランキングした。

関連:仮想通貨(28種)を技術面から格付け、中国政府が国際パブリックチェーン評価指標を発表

2位から5位はSteemなど意外な仮想通貨がランクイン

トップ5に入った仮想通貨は、イーサリアム(ETH)に次いでSteem、Lisk、NEO、Komodoの順。これらすべての仮想通貨が共通していることは、スマートコントラクトを使い、非集中化のやり方で効率的、確実に情報を処理していることだ。

特に2位に入ったSteemは、リップル(XRP)とともに時価総額を争っており、Steem上のソーシャルメディアに投稿したり、掲載コンテンツにキュレーションすることでトークンの報酬が得られるユニークな仮想通貨である。

トップ5にSteemが入ったことは意外だと受け取られているが、その理由はSteemが、LiskやNEOが非集中化アプリを生み出すため利用されるベースレイヤー・ブロックチェーン技術ではないからである。SteemはRedditに似て、コンテンツ配信を主目的とするブロックチェーンベースのコンテンツ配信プラットフォームということになる。

トップ10入りした仮想通貨の中で注目されるのは、Moneroが9位に入ったことである。Moneroはマネーロンダリングや犯罪行為にかかわる、匿名による決済処理能力のあることから、日本政府を含むいくつかの政府や金融庁(FSA)が警戒している仮想通貨であるためだ。

イーサリアム(ETH)は1月の米Weissに次いで堂々の1位

イーサリアム(ETH)は、3つの指標すべてで非常に高い評価を受けており、米格付機関Weiss Ratingsが1月発表したそれと同じ評価を受けた。ビットコインは逆に、「イノベーション」の分野では一番高い評価を得ているが、「テクノロジー」と「アプリケーション」で点数を下げた。イーサリアム(ETH)のような第2世代ブロックチェーン技術が注目されている証拠である。

ちなみWeissは、ビットコインを「C+」と比較的低い評価をしている。1位になったETHは「B」に格付けされ、「A」はなかった。今回の格付けについて、Twitterでは早くも、中国のロジックが理解できないといった声も上がっている

関連:米格付機関Weiss「ビットコイン C+、イーサリアム B、リップル C」と仮想通貨に初評価

格付けに批判もあるが、仮想通貨大国の中国を無視できない

中国は、ブロックチェーン技術革新をイノベーションのための活気あるスポットと見なし、近い将来の経済環境の主要な要素としてコミュニティー・ブロックチェーンと非集中化プログラムに期待をかけている。中国はブロックチェーン技術の特許申請・取得数で世界一であることはあまり知られていない。

香港ビットコイン協会のLeonhard Weese会長は「ブロックチェーンの格付けは、イノベーションやアプリケーションを基準にして、TwitterやLinkedInのようなソーシャルメディア・ネットワークを互いに競わせて対抗させるようなもの」と、ビットコインの低位についてやや批判的コメントを出している。

業界推計では、世界の仮想通貨の時価総額は7000億ドルを超えており、2018年末には1兆ドルに達すると見込まれている。中国はビットコインの売買で世界一であり、そこで今後毎月発表される評価インデックスは、決して軽んじて受け取るとはできない。

関連
現在のイーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート
現在のビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
CCN
South China Morning Post