イーサリアムの相場テクニカル分析

29190

どうも墨汁です(@bokujyuumai)前回のイーサリアムのテクニカル分析記事で記述した様にETH価格は0.052BTCをブレイクした後、9月以来の0.08BTCまで回復。更にはフィアット建てで16万円を記録し、1年前のビットコイン価格を上回りました。

本項ではイーサリアムのテクニカル分析とEIP186のマイニング報酬の40%減少によると影響を踏まえ考察を行います。

関連記事:イーサリアム相場分析:テクニカルとファンダメンタル

イーサリアムのテクニカル分析

現在イーサリアムの日足を確認すると0.052をブレイクし、息をつく暇もなく高騰していることがわかります。

当初私の考えていたビットコイン高騰による足踏みもなく、素直に資金がイーサリアムへ流れてきたことが影響していると考えられますが、出来高を確認すると去年の高騰開始時には1.4METHあることから、現在PoloniexやBittrexでも平均200kETHと7分の1という低い出来高で推移していることがわかります。つまり投機マネーの流入はまだ大きくないと考えられます。

短期的なETH相場予測

1月6日から続いた高騰は0.0976BTCという最高価格を記録した後サポートラインをブレイクし収束するのではなく0.085BTCのサポートラインを境に下降三角を形成しようとしており、12月初めからの上昇トレンドのレジスタンスラインまでの下落が予想されます。

0.085BTCのサポートラインの反発は強いもののどちらかというと出来高収束によりマイナーの売り圧の方が勝っている様に見えるため一時的な調整下落とし私は買い時ではないと判断していました。

ですが出来高がへっている時は要注意で、ちょっとした大口の思惑でどちらにでも動きます。レジスタンスラインで反発が強かったのと、ビットコインが弱いことも影響してか1月13日に買いが入り綺麗に上昇三角を形成し、サポートラインを見るともし買うとするなら1月15日までに軽い下げ時に入るといいかもしれません。

イーサリアムは年始から短期でこの上昇三角を多く形成し、買いが多く入っていることから買い需要が高いことがわかります。

中期的なETH相場予測

イーサリアムは底値となった0.0237BTCから反転し0.052BTCをブレイクした後、下記画像の様にわかりやすい上昇トレンドを形成し順調にビットコイン建て価格を回復していきました。

2018年に入りこのトレンドを大きく上回る極端な高騰を記録。去年7月から8月にかけて回復をしようとしていた次期にビットコイン高騰による下落を記録した0.085BTCラインに到達し0.1BTC目前となっていました。

ここまでは雲を突き抜ける大幅高騰はわかりやすかったものの一度の調整もなく急激な回復を見せたため0.085BTCサポートラインでの反発調整となっています。

ここで一度大きくしたに調整すると健全ではありますが、EIP186によりProof of Workを基にした仮想通貨には必ずあるマイナーの売り圧がメトロポリスのビザンチウムから40%減少していることが大きく効いており、価格上昇が見込める現在の相場は既存のマイナーにとっても保持するインセンティブが髙いと見られます。

そのため0.085BTCのサポートラインを大きく割らなければ次のラインである0.113BTCまで高騰するのではないかと考えられます。

長期的なETH相場予測

日足を長期的に確認すると、8月にソーサーボトムで回復しようとしていた所にビットコイン高騰が重なり買いが弱々しくなり、長期的に下落していったことがわかります。

ですがアルトコイン相場はビットコインが一度落ち着く、例えばGOXによるリスクオフの売りの後に急激に活発になります。

現在の動きとしてはマイナー通貨で大幅な利益を出したトレーダーがSoV(価値の保存)を持つメジャーアルトコインへ資産を移動させる前触れの様な動きをしており、ビットコインの安定によりアルトコインへ安心して投資すると考えれば一度調整後のビットコイン建てでの流入によりいびつではありますがソーサーウィズハンドルを形成する可能性が高いでしょう。

結論と考察

去年のイーサリアムのチャートを確認すると4月の新規流入により8月までにかけて大きくイーサリアム価格が高騰したことがわかります。

現時点で短期的に大きくイーサリアム価格が回復した背景の一つにビットコインの送金詰まりと手数料の高騰というものがあります。

ビットコイン価格が値上がりするということは潜在的に送金価格が上がるということであり、SegWitの普及率の低さとビットコイン価格の伸び悩みによりイーサリアムを送金手段とした需要はライトニングネットワークが導入されるまで続くと考えられます。


出典:http://segwit.party/charts/

関連記事:イーサリアム、高騰の原因は何だったのか?

チャート出典:Cryptowatch

イーサリアムの取り扱いがある取引所多く存在ますが、CoinCheckビットバンクビットフライヤーがお勧めです。ビットバンクはイーサリアムを購入する際に一度ビットコインを経由する必要があります。

イーサリアム相場・価格チャート情報はこちら