【墨汁速報】イーサリアム2.0遂にステーキング開始!ETH2起動は最短で年内12月1日に確定

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂にステーキング開始!ETH2起動は最短で年内12月1日に確定

イーサリアム大望のイーサリアム2.0デポジットコントラクトがメインネット上にデプロイされた。Beacon Chainの最短開始日は日本時間2020年12月1日の21時(UTC12:00pm)となっており、起動条件となる最低ETHデポジット数に達する必要がある。テストネットにおけるローンチテストは10月に終了していた。

関連記事:【墨汁速報】テスト結果は?イーサリアム2.0 Zinkenテストネットが無事ローンチ

ETH2デポジットコントラクトついに公式リリース

日付が変わって5日、イーサリアム2.0のデポジットコントラクトがメインネット上にデプロイされた。このデポジットコントラクトは32ETHをステーキングし、ETH2のバリデータになることで報酬としてETHを最大年利21.6%を得ることができるが、現時点ではフェイズ0すなわち最初期段階であるためフェイズ2まで引き出しなどができない点に注意が必要だ。

またETH盗難を目論む偽物のデポジットなども存在するため、必ずイーサリアム公式からアクセスする必要がある。

わずか3時間で約1.8億円ステーキング

イーサリアムファンデーションによると、公式のデポジットコントラクトアドレスは

0x00000000219ab540356cBB839Cbe05303d7705Fa

となっている。

※コントラクトアドレスに直接32ETHを送金しないように注意

Etherscanなどのエクスプローラーサイトでは既にETH2 Deposit Contractとタグ付けされており、ステーキングは早くもローンチ3時間で既に4,200ETHを記録。日本円にして約1億7700万円に相当するイーサリアムがデポジットされている。

出典:Etherscan

12月1日Beacon Chain起動条件

イーサリアム2.0フェイズ0、Beacon Chainは最短で2020年12月1日21時に起動するように設定されており、7日前の11月24日21時までに16384バリデータの登録、即ち524,288ETHがステーキングされる必要がある。

出典:GitHub

12月1日に起動するためには約221億円分のETHが必要であり、もし11月24日までにこの閾値に到達しない場合、524,288ETHがデポジットされるまで起動は保留され、閾値に到達した時点から7日後に起動することになる。

ETHは6%高騰の影響

大望のETH2のローンチにこぎつけたことで、デポジットコントラクトのデプロイアナウンスからイーサリアム価格は約6%の高騰を記録。11月の最高値を更新し、10月末の水準である4,2000円まで回復している。

イールドファーミングで一躍人気となったDeFi上には860万ETHがロックされており、ETH2のローンチによりイーサリアム需要は更に増えていくことになるだろう。

関連記事:イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の32ETHステーキングのやり方や最新動向、実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース分散型音楽ストリーミングプロトコルAudius×Solana
次のニュース仮想通貨チリーズのプラットフォームがウクライナのeスポーツ強豪チームと提携
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者