イーサリアム(Ethereum)ベースの分散型動画プラットフォームが約8億円の資金調達

編集部おすすめ

イーサリアム(Ethereum)ベースの分散型動画プラットフォームが約8億円の資金調達

イーサリアム(Ethereum)ベースの分散型ライブストリーミングプラットフォームのライブピア(Livepeer)が6月18日、シリーズAの資金調達ラウンドで800万ドル(約8億6,000万円)を調達したことを発表した。

100以上のイベントがライブ配信

今回の投資ラウンドはベンチャーキャピタルファンドのノースゾーン(Northzone)が先導。同社は音楽ストリーミングサービスのスポティファイ(Spotif)の初期投資家としても知られている。また、その他にも、デジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group)やコンパウンド(Compound)、コインファンド(CoinFund)などを含む8社が参加している。

Livepeerの発表によると、同社は今回調達した資金をプロトコルやネットワーク、ソフトウエアの構築などに使用する予定であるとしている。またLivepeerのプロトコルがイーサリアムのメインネットにローンチされてからこれまでに、同プラットフォームを通じて100以上のイベントがストリーム配信されたという。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

参考
Announcing Livepeer’s Series A, First Video Product, and Pilot Program

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(Ethereum)のイスタンブール(Istanbul)アップデート内容が決定
イーサリアム(Ethereum)のDAppsユーザーの実態が明らかに!Metamaskが統計データを発表
世界で仮想通貨が一般に普及している国とは?