【墨汁速報】イーサリアム上のDeFi中核 Compound MCD(DAI)を早くも対応へ

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム上のDeFi中核 Compound MCD(DAI)を早くも対応へ

イーサリアム上のレンディングコントラクトのコンパウンド(Compound)は、メイカーダオ(Maker DAO)が11月18日に新たにローンチしたマルチコラテラルDAI通称MCDを新たに対応。Compound上では現在SAIとDAI(MCD)の保有者がレンディングを可能となった。

マルチコラテラルDAI(MCD)とは?

DAIはイーサリアム上のMaker DAOのコントラクトにより、ETHを担保にして発行する世界初の非中央集権ステーブルコイン。ETHのみを担保にできるDAIをSingle Collateral DAI、略してSAIという名前に変更し、11月18日に新たにローンチしたERC20トークン(現在はBATのみ)とETHの複数のトークンを担保に発行できるDAIのことをマルチコラテラル(複数担保)DAIと呼ぶ。

現在SAIとMCDは移行期間となっており、SAI保有者はマニュアルで移行コントラクトを使用し、MCDへ1対1で変換が可能だ。

CompoundのMCD(DAI)対応

分散型取引所(DEX)やレンディングプラットフォームのMCD対応は各プロジェクトの発表によると12月2日までに行われるとしている。Compoundはイーサリアム上で初となるレンディングコントラクトであり、MCDの対応も最も早かったことになる。現在Compoundユーザーは対応しているERC20トークンやETHを担保にETHを含むMCDやDAIなど8種類のイーサリアム上のトークンをローンまたはレンディングすることが可能となっている。

Compoundの画像

出典:Compound

アップグレード可能なコントラクト

Compoundは2019年5月にCompound v2として新たなCompoundプロコトルをイーサリアムメインネットにローンチ。これによりERC20トークンと互換性のあるWETHへ一度ETHを変換してレンディングするという手間を省き、Compound Etherという独自トークンへの変換を行うことでより手軽にレンディングが可能となった。

またCompoundは「cDAIのようにETHやERC20トークンごとに単一のコントラクトとしてイーサリアム上にデプロイすることで、Compoundプロコトルはより使いやすくなりアップグレードが可能なコントラクトとなった」と述べている。

今後もCompoundは新たなERC20トークンをレンディングに追加するのに単一のコントラクトをデプロイするだけでよく、新規コントラクトへエコシステム全体を移行させる必要がないという利点を持つ。Maker DAOのMCDローンチを含め、2019年はまさにDeFi(分散型金融)の年と言えるだろう。

参考
Compound + Multi-Collateral Dai

【こんな記事も読まれています】
レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?
【墨汁速報】ホワイトリスト導入!高金利BlockFi BTC&ETHレンディングローンチ後に大幅改善
ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の貸出を行うレンディングへの需要増