【墨汁速報】イーサリアムDeFi DAIのDSR金利が米株の年間リターンを上回る

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコインデリバティブBitMEX 同社の投資家により約325億円の訴訟を起こされる

イーサリアム上のDeFi(分散型金融)であるメイカーダオ(Maker DAO)のコントラクトにより発行されるUSDにペッグするステーブルコインのDAIは、プロコトルの一部により提供される金利のDSRが7.75%に引き上げられた。この年利は株式における年間のリターン平均を上回るパフォーマスとなる。

Maker DAOのDSR再度引き上げ

Maker DAOの新たにローンチしたETH以外にERC20トークンを担保とすることができるMCD(マルチコラテラルDAI)では、DAI価格を1USDへのペッグを安定させるためのガバナンスの一つ、DSR(DAI Saving Rate)がある。これはDAIをコントラクトにロックすると、DAI発行者が払う安定化手数料から捻出された金利を受け取ることができるというものだ。

MCDローンチ時は2%であったが、4%、6%へと引き上げされ、2020年1月に入り7.75%まで引き上げされた。現在Maker DAOによると、DSRには約1億DAIの発行数に対して48%となる4,867万DAIがロックされている。

出典:Oasis

米株のパフォーマスを超えるDAI金利

現在のDAIのDSR金利では、米株の年間のリターンをも超えるという。通常米株におけるリターンは平均的に6%前後となっており、このパフォーマスを超えるときもある。だが2008年の金融危機では約70%もの下落を記録しており、これらのパフォーマスから考慮するとDAIのDSRは非常に高い金利を持つことになるのだ。

だが日本人投資家にとってDAIのドルペッグは、いわばドルのロングをしていることと同じとなる。イランと米国との緊張や、リセッション懸念などにより不安定なドルをロングすることはリスクが高いと言えるが、逆に言えば年間で7.75%までの下落が許容範囲であるとも言えるだろう。

現在DAIの安定化手数料は9%となっており、DSRの金利はこの手数料から捻出されている。これらはMaker DAOのERC20トークンであるMKR保有者によるオンチェーンガバナンスにより決定されており、MKR保有者のインセンティブから今後10%を超える可能性もあるといえるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

参考
DAI Savings Account Now Beats Stocks

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】Maker DAO MCDのイーサリアムの債務上限を引き上げ、DSRの年利が2倍に
イーサリアムのエコシステムで機能するコミュニティ基金「Moloch DAO」の可能性
MakerDAO(メイカーダオ)など増加するレンディングアプリケーション、それぞれの金利の決定方法とは?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュースコインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法と出入金手数料を徹底解説!
次のニュースビットコイン(BTC)開発者は資金提供されているのかボランティアか?
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者