【墨汁速報】イーサリアム2.0 12月1日21時に開始確定 335億円に相当するETHがロックされる

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム2.0 12月1日21時に開始確定 335億円に相当するETHがロックされる

イーサリアム2.0のステーキングが524,288ETHに到達し、Beacon Chainの起動が2020年12月1日に確定となった。このステーキング数は日本円にして約335億円にものぼるイーサリアムがロックされたことになる。

イーサリアム2.0の開始確定

イーサリアム2.0のステーキングを行うデポジットコントラクトは、11月5日メインネットに実装されたことで、32ETHのステーキングが開始された。待望のイーサリアム2.0のフェイズ0の初期ネットワーク「Beacon Chain」が起動するには最低バリデータ数が設定されており、524,288ETHの16,384バリデータが登録されることになっている。

またこのBeacon Chain起動閾値に到達した後、1週間の準備期間が設けられているため、12月1日に開始するには11月24日21時までに524,288ETHがデポジットされる必要があった。当初のステーキング数は少なかったものの、起動閾値に近づくにつれデポジットが進んでいき起動閾値に達したことで、イーサリアム2.0の開始が確定となった。

32ETHステーキングの急増

デポジットコントラクトへのステーキング推移を見てみると、19日から32ETHデポジット数が2倍に高騰した後、加速度的に524,288ETHまで到達したことが分かる。23日の時点で約46万ETHがステーキングさてていたため、24日の半日で6万ETH(約37.8億円)がステーキングされたことになる。

これは起動閾値の524,288ETHに達しなければイーサリアム2.0が開始できないため、ステーキングの様子見をしていたETHユーザーによる影響が後押しの理由となっていると見られる。

イーサリアム価格への強い影響

今回ステーキングされた335億円に及ぶETHは、イーサリアム2.0フェイズ2までETH1へのブリッジが可能となるまで引き出すことはできない。つまり335億円のETHが市場から一時的にバーン(焼却)されたことになり、市場供給量が20日間で毎日平均16.75億円売り圧が減っていったことになる。

この影響でETH価格はデポジットコントラクトのデプロイから約23,000円もの高騰となり、コロナショックからは544%もの高騰となっている。またステーキング数に限りはなく、現時点ではバリデータ報酬が年間21.6%もあるため、さらにETHがステーキングされていくことになるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアムステーキング約127億円を突破 わずか2日で2倍に
イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!
【墨汁速報】イーサリアム2.0遂にステーキング開始!ETH2起動は最短で年内12月1日に確定

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の技術や実際のステーキングのやり方、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 – イーサリアム2.0ステーキングローンチパッドの使い方完全マニュアル


前のニュース個人でデータを管理して収益化の機会を与えるブロックチェーンプロジェクト
次のニュースイーサリアム 2.0とは? ついに始まるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行を理解しよう
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者