イーサリアム2.0(ETH2)の2020年ローンチ目前のカウントダウンへ 現在の進捗は?

編集部おすすめ

イーサリアム2.0(ETH2)の2020年ローンチ目前のカウントダウンへ 現在の進捗は?

どうも墨汁うまい(@bokujyuumai)です。イーサリアム(Ethereum)は、ワールドコンピュータの完成版となるイーサリアム2.0、通称ETH2の初期段階であるフェイズ0を2020年内にローンチを予定しています。そんな中リーストオーソリティ(Least Authority)によるETH2の2回目の監査が終了、ローンチ目前へと迫っています。

関連記事:イーサリアム2.0(ETH2)への大きな前進、デポジットコントラクトの監査と現状は?

ETH2の監査で7つのバグを発見

2020年3月24日、ソフトウェア監査のランタイム・ベリフィケーション(Runtime Verification)社のBeacon Chainデポジットコントラクトの監査の次に行われたLeast Authority社によるETH2フェイズ0の監査終了が発表されました。同社はイーサリアムやZcashといった、ブロックチェーン技術の最先端の開発を行うチェーンを監査しており、イーサリアムのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の監査をイーサリアムファンデーションの依頼で行った過去を持ちます。

この監査は2019年12月に委託することが発表されており、今回の監査で7つの問題を発見し、問題AとBは既に修正済みとなっています。この2点は主にブロックやメッセージなどの伝達を意図的にDoS攻撃を行うことで、バリデータノードのリソースを過剰に消費させETH2ネットワークの遅延、または停止の可能性があるというものでした。

残りの5つの問題点においても解決策と実装が予定されており、今後ETH2のセキュリティがより高いものになるでしょう。

出典:Least Authority

イーサリアム2.0ローンチロードマップ

2020年2月にイーサリアム2.0リサーチャーは、デポジットコントラクトの監査後「ETH2フェイズ0のローンチまでの開発状況は99%」と述べており、今回のLeast Authority社による監査でローンチ前の開発はほぼ完了となりました。

次のロードマップはETH2のマルチクライアントテストネット、つまり8つ存在するETH2のクライアントが最低でも3クライアントでネットワークを検証できるテスト環境のローンチ、バグテスト、修正です。約2ヶ月間問題なく稼働ができれば、最終的なメインネットローンチとなり32ETHをステーキングすることでバリデータとなり、報酬を得ることができます。

またイーサリアム発明者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏はイーサリアムの今後5~10年の開発ロードマップ構想を考えており、ETH2フェイズ0はブロックチェーンの新たな時代の始まりとなるでしょう。

ETH2マルチクライアントは4月を予定

ヴィタリック氏はインタビューにおいて、ETH2フェイズ0ローンチ目前となるこのマルチクライアントテストネットは4月にはローンチできるとし、「ETH2フェイズ0のローンチには、2015年にイーサリアム1.0(現在稼働しているイーサリアムネットワーク)と同様のプロセスを行う。まず最初にマルチクライアントテストネットをローンチし、問題なく稼働できるかを確認できればローンチとなる。」と述べています。

またメインネットでのローンチの予想は難しいとしてはいるものの、予定ではイーサリアム5周年となる2020年7月30日のローンチを目標としており、マルチクライアントテストネットのローンチは4月になる可能性が高いだろうとしています。つまりETH2のローンチは最終段階のカウントダウンへと入っており、2020年はイーサリアムの年となること間違いないでしょう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)ローンチ 2020年7月30日を目標へ フェイズ1のSharding開発も終盤と発表
イーサリアム2.0は年7月30日か?最大の課題はPoS移行とシャーディング
【墨汁速報】イーサリアムDeFi レンディングCompound SAI(DAI)の新規借入貸出を停止

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新開発動向や構造、価格に影響する技術についての相場影響などの考え方などをどこよりも詳しく解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界