【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

編集部おすすめ

【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

ErisXによると米国初のイーサリアム先物をCFTC(米商品先物取引委員会)の規制下で2020年5月11日ローンチ。ErisXは、Bakktと同様に現物決済されるビットコイン先物を提供しており、CFTC規制下でのイーサリアム先物は世界で初となる。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨デリバティブErisX 現物決済ビットコイン先物をBakktに次いでローンチ

世界初のイーサリアム先物

ビットコイン先物は、2017年12月のCMEとCboeのローンチからBakktやErisXなど多くの先物取引所が提供している一方、仮想通貨時価総額がビットコインを次ぐイーサリアムではまだ提供されていなかった。

ErisXの発表によると、ビットコイン半減期を迎える2020年5月11日(日本時間12日)と同日に現物決済されるイーサリアム先物をローンチしたと発表。

ETH先物のコントラクト詳細

ErisXのイーサリアム先物のコントラクト詳細は下記のようになっている。

取引ペア:ETH/USD
コントラクトサイズ:1コントラクト=1ETH
最小コントラクト取引価格:0.1ドル
ポジション制限:75,000コントラクト(75,000ETH)
決済方法:ETH現物
取引期間:四半期
取引終了:16:00 CT

また取引ペアとしてETH/BTCという仮想通貨同士の先物も同様に提供され、1コントラクト1ETHとなっている。

イーサリアムの多い実利用

ErisXは、「イーサリアムは間違いない機能性を持ち、そのユースケースは日利用や企業や組織による活用をされている。またイーサリアムの構造には既存の商品市場と多くの類似点を持つ」としている。実際にステーブルコインはイーサリアム上で最も活用されており、DeFiなどの実利用や、トークン活用などもある。さらに2020年はイーサリアムのPoS、ETH2のフェイズ0ローンチを控えており、マイナーやトレーダーのヘッジ手段として重宝する事になるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検証をしてみた
【墨汁速報】CME ビットコイン先物ローンチから2年が経過 需要上昇データを公開
【墨汁速報】仮想通貨デリバティブErisX 現物決済ビットコイン先物をBakktに次いでローンチ

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンでは相場影響や市場分析、テクニカルの考え方などをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

出典:ErisX Pioneers First U.S. Based Ether Futures Contract


前のニュース【墨汁速報】半減期!ビットコイン新規発行数が半減 BTCマイナーへの影響は?
次のニュースビットコイン(BTC)半減期は一般投資家から機関投資家への投資家層の変化促す
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者