【墨汁速報】イーサリアム(ETH)6万円へ高騰しコロナショックから500%の急伸 ETH2が後押しか?

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

イーサリアム(ETH)価格は6万円を突破し大幅な高騰を記録。この価格は2020年3月のコロナショックによる暴落から、実に500%の高騰となる。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムステーキング約127億円を突破 わずか2日で2倍に

ETH価格は1年足らずで6倍へ

イーサリアム価格は2020年2月に32,000円前後を推移していたにもかかわらず、コロナショックにより1万円へ下落。その後価格上昇を続け、9月に5倍となる5万円を記録した後下落、11月に入り6万円へと高騰し、コロナショックから6倍の価格となっている。

今回イーサリアム価格が6万円を突破したのは、イーサリアム2.0のステーキングが11月5日から正式に開始されたことがきっかけとなっており、この価格帯は2018年3月~6月の水準となる。

イーサリアムステーキング閾値50%を突破

このイーサリアム2.0のステーキングでは、32ETH約180万円をデポジットコントラクトにロックし、バリデータとしてBeacon Chainに参加することで、最大年間21.6%を報酬として得ることができるのだ。

現在のイーサリアムのステーキング進捗は、Beacon Chainを起動するための条件である524,288ETH以上のロックという閾値の50%を超え、約164億円に上るETHがステーキングされている。これにより、現在のイーサリアム市場から164億円がデフレしていることになり、ETH高騰を促進していることになる。

ETHの様々な需要が後押し

ETHはイーサリアム2.0のステーキング需要もあるが、イーサリアム上での金融である「DeFi(分散型金融)」による需要が非常に大きく、2017年の仮想通貨バブルとは大きく異る需要となっている。

DeFiでは不労所得を得られるイールドファーミングや流動性マイニング、レンディングなどの他に、ETHを担保にドルを借り入れる担保やレバレッジ取引の証拠金など多種多様な需要がある。2017年当時はICOによる需要のみだったが、このようなETHを活用したさまざまな運用が可能となるイーサリアムの利用者が激増していることが500%の高騰を引き起こしていると考えられる。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム2.0遂にステーキング開始!ETH2起動は最短で年内12月1日に確定
イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!
年利100%超えは詐欺?今イーサリアム上のDeFiで何が起こっているのか

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュースETHは分散型金融でほとんどの取引を経由する基軸通貨に
次のニュース個人でデータを管理して収益化の機会を与えるブロックチェーンプロジェクト
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者