【墨汁速報】イーサリアムの大型アップデート イスタンブール無事に実装 現在のステータスは?

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアムの大型アップデート イスタンブール無事に実装 現在のステータスは?

日本時間2019年12月8日午前9時25分、イーサリアムのブロック高が#9069000に到達し、大型アップデートであるイスタンブールが実装された。イスタンブール実装は主にイーサリアムのコントラクトを実行するバーチャルマシンのEVMを調整した約1年ぶりのアップデートだ。

現在のイーサリアムの開発段階はメトロポリスとなり、イスタンブールはメトロポリスにおけるコンスタンティノープル(サンクトペテルブルク)に次ぐ3番目のアップデートとなる。

https://platform.twitter.com/widgets.js

関連記事:イーサリアムのイスタンブール実装はいつ?アップデート率は問題になるのか?

ブロック生成時間の正常化はムーアグレイシャー実装で

ディフィカルティボムの影響が2019年11月初旬から既に見られ、ブロック生成時間はプロトコルにより指数関数的に上昇を開始していた。最終的にイスタンブール実装前には平均17秒に上昇する前に平均15秒で#9069000に到達し、無事実装となった。

コンスタンティノープル実装後、ブロック生成時間は平均13秒を推移していたため、イーサリアムネットワークは12月初旬には約15%の遅延が起きていたことになる。つまり、コントラクトの実行速度なども全体的に遅れており、本来ならイスタンブールでディフィカルティボムを調整する予定であったが、1月に行われるムーアグレイシャーアップデートで調整されることになった。

現時点における100ブロック間の平均生成時間は、約14.9秒を推移しており2020年1月には17~19秒になると見られる。

フォークなどの問題は?

最終的なイーサリアムノードのアップデート率は、2日前の37%からハードフォーク時には49.4%まで上昇しているものの、過半数のノードは未だにコンスタンティノープルチェーンを検証していることになる。

チェーン移行情報

出典:ethernodes

ノードは開発や監査、取引所やマイナー以外は放置傾向が高いため、このアップデート率は大きな問題とならない。実際に本稿執筆時の9:37amには、アップデートを行っていないGeth(ノードのイーサリアムクライアントソフト)は#9068999でスタックしており、現時点ではコンスタンティノープルチェーンのフォークは見られない。

また、イスタンブール実装の2日前にEIP-1344の実装忘れを犯し、緊急のノードアップデートを実施したパリティも問題はない。#9069042でGethとのコンセンサスバグによるフォークなどは見られず、イスタンブールは正常に実装されたことになる。

ETHエクスプローラー情報

イーサリアム2.0(ETH2)の実装ではない

今回のイスタンブール実装は、通称セレニティのETH2ではなく、現行のイーサリアムネットワークであるETH1に関する実装だ。ETH1と平行して開発と実装が行われるETH2は2020年のローンチを予定しており、PoWとPoSが同時に存在し、マイニングとバリデータの両方でETHを得ることができるようになる。

イスタンブールの次の大型アップデートはベルリンと命名されており、イーサリアムの手数料モデルを変更するEIP-1599の実装が提案されている。実装時期は混乱がないように、ETH2のビーコンチェーン(Beacon Chain)のローンチとは避けて実装される予定だ。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0(ETH2)は何がすごいのか?
イーサリアムのイスタンブール実装はいつ?アップデート率は問題になるのか?
【墨汁速報】Etherscan イーサリアム2.0(ETH2)Beacon Chainテストネットのエクスプローラーを公開

 


前のニュースOntology上のDAppsの概況、アプリケーションにはどのようなものが存在するか?
次のニュース日本発のOSSをクリプトエコノミクスで支援するプロジェクト「Dev」のホワイトペーパー公開
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者