【墨汁速報】イーサリアム(ETH)マイナー ETH価格上昇期待での売り控えか?

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコインデリバティブBitMEX 同社の投資家により約325億円の訴訟を起こされる

機関投資家向け仮想通貨データプロバイダーのSantimentによると、イーサリアムマイナーの保有するETH数が2019年10月の最高値を超えATH(さらなる高値更新)となったという。ETH価格は2019年12月末から約2ヶ月で約60%の高騰を記録している。

イーサリアムマイナーの売り控え?

Snatimentのデータによると、2019年2月には約152万ETHがイーサリアムマイニングプール内に保有されており、同年10月に169万ETHを記録。2020年1月末には最高値であった169万ETHを超えATHとなった。

対して直近の最低値は2019年の11月であり、164万ETHとなる。Santimentの創設者である Maksim Balashevich氏によると

 

「着実なETHの蓄積は現在の市場と比較して少なくとも、多くのマイナーはイーサリアムというプロジェクトに高い信頼を持っていることを表している」

 

と2019年9月に述べていたという。これらのデータから2019年から2020年にかけて約20万ETHがマイナーにより売却されずに蓄積されていることになるだろう。

出典:Santiment

 

ETH価格回復は売り圧減少が影響か?

イーサリアムマイニングプールとして最も人気であるEthermineを例に見ると、マイナーのペイアウト(報酬払い出し)は各イーサリアムのエポック(約5.2日)毎に強制で行われる。それ以外にも、例えば1ETHに達したたびに払い出しなどの設定も可能であり、これらのデータから見るとマイナーは細かなペイアウトではなく最大のエポックごとに払い出し設定をしていると見られるだろう。

現在のETH価格は2019年11月の水準まで回復してはいないが、2019年末の価格と比較して約60%の回復となっていることがわかる。このようなマイナーの売り控えによりETH価格は上昇しやすくなっており、これらが継続される場合200ドルを超える日もそう遠くはないだろう。

関連記事:【墨汁速報】データ分析 イーサリアム(ETH)保有アドレスの90%が含み損か?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら

 

参考:Ethereum Miners’ ETH Holdings Near Record Highs


前のニュース世界の中央銀行7行がデジタル通貨(CBDC)発行準備、国際決済銀行の調査
次のニュースなぜ各国はデジタル通貨を作るのか?為替決済と米ドル覇権の側面から見た事情
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者