【墨汁速報】データ分析 イーサリアム(ETH)保有アドレスの90%が含み損か?

編集部おすすめ

【墨汁速報】データ分析 イーサリアム(ETH)保有アドレスの90%が含み損か?

仮想通貨通貨投資家に市場のデータを提供するリサーチファームのinto the blockによると、現在のイーサリアム価格である127ドルにおいて、ETHを保有する90%のアドレスは購入時の損益分岐点を割っているという。

3131万のアドレスが保有するETHが含み損

into the blockによると、イーサリアムブロックチェーン上でのデータを分析したところ、全体の90%約3,131万アドレスが保有するETHは、現在の127ドルで損益分岐点を割っているとしている。これらのアドレスの損失が大きなアドレスは211ドルから530ドル、日本円で23,000円から58,000円となっている。

また477万アドレスのETH損益分岐点は、262ドルから352ドルで日本円で約29,000円から約39,000円前後となっており、現在の価格からみて損失が取得額の50%となってしまっているという。

出典:Into the block

未だに利益があるアカウントは8%

約358万アドレスのETH損益分岐点は非常に高く、745ドルから1,340ドルとなっており、日本円にして約81,000円から約146,000円だという。ETHの取引が約81,000円で売買されていた期間はわずか6ヶ月しかなく、2017年の10月から12月、2018年の第1四半期の間に売買されたということになる。

対して全体のわずか8%となる279万アドレスは現在のETH価格でも利益が出ており全体の31.24%を保持し、1.78%は現在の価格が損益分岐点付近となっている。現在のETH価格でも利益の出ているアドレスの取得単価は0ドルから130ドル、日本円で約14,000円。そして取得単価がほぼ0ドルのアドレスは4,120となる。このアドレス所有者は2015年の8月から12月にETHを購入したと見られる。

計測はあくまでブロックチェーン上のデータ

今回の分析はあくまでイーサリアムのオンチェーンデータをもとに行われており、実際に仮想通貨取引所で保管していたものをウォレットへ送金したり、アドレス間の分割などにより条件は大きく異る。

つまり、正確なデータとはならないもののある程度の誤差を考慮すれば、テクニカル上の指標として使えるだろう。イーサリアムは2020年に32ETHをステーキングすることでバリデータ報酬が得られるイーサリアム2.0(ETH2)をローンチ予定であり、多くのアドレスは32ETHを保有しようとしていると見られる。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

参考:Into the Ether: 90% of All ETH Wallets Now ‘Out-of-the-Money’

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)のローンチ可能な仕様 2020年1月初旬に公開予定
イーサリアム大型アップデートムーアグレイシャーはいつになるのか?実装目的は?
イーサリアムから離れるプロジェクトも?独自ブロックチェーン開発という新しいトレンド

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュースビットコイン(BTC)ETF実現可能性は?Bitwiseは再参入の意思あり
次のニュース仮想通貨発行は米ドルの世界支配を打破する最善策、イラン大統領言明
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者