イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、下落トレンドはいつまで続くのか

20215

編集部ピックアップ

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、下落トレンドはいつまで続くのか

どうも墨汁うまい(@bokujyuumai)です。
イーサリアム価格は4月の最安値を更新し、300ドルを切る下落相場となっています。本稿ではファンダメンタルとテクニカル両面と、イーサリアムの特性を考慮して相場分析を行いました。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

ICOプロジェクトのETH売り

年始から続く下落トレンドの大きな要因として、イーサリアム上でトークンを発行し、資金調達を行ったプロジェクトのETH売りが考えられます。代表的なEOSはイーサリアム上でトークンを発行したものの、資金調達目的のみであったため250万ETH(当時1,800億円)を売却し、独自ネットワークへ移行しています。

関連:EOS(イオス)が30万ETH売却によるイーサリアム価格の下落

EOSに続いて、直近30日間で複数のイーサリアムベースのICOプロジェクトが合計で10万ETH(約40億円)を売却しており、この数量は市場供給量の0.1%に値します(8月現在1億ETH)。

中でもCobinhood($COB)というプロジェクトは2度に渡り、合計25,470ETH約10億円の売却を行っており、続いてAtonomi($ATMI)が13,040ETH、Etherollが11,200ETHとなっています。

ICOのETHはマイナーのように価格を考慮した売りや抑止がないので問題ともいえますが、このような低価格帯での売却はむしろETHの今後においては好条件といえるでしょう

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:Santiment.net

ビットコインドミナンス

ドミナンスを確認すると、アルトコインは全面安でビットコインのドミナンスが50%を超えています。直近のアルトコインドミナンスが回復していた4月と比較すると、イーサリアムは4%、マイナーアルトコインは8%の下落を記録しており、仮想通貨全体から資金が抜けつつ、ビットコインへと集中している形になっています。

2017年末のドミナンスが60%であった点を考慮すると、年末から来年にかけてのビットコインETFへの期待もあり、さらなるアルトコインの下落相場が予測されます。

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:CoinMarketCap

イーサリアムのマイニング収益

イーサリアム価格は去年9月の水準を下回る価格を更新。対してハッシュレート(ネットワークの計算力)は2倍以上に成長しているため、マイナーの損益分岐点は上がり初期投資分を回収できていない状態です。

マイニングは2015年の最低収益を更新した今年4月より更に下落し、過去最低を更新しました。今年末に迫る時期大型アップデート“コンスタンティノープル”でのマイニング報酬変更も決まっていない現段階で、マイナス収益はネットワークの中央集権化とCasper移行時のリスクへとつながるため価格回復はネットワークにとって重要な課題となります。

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:Bitinfocharts

テクニカル分析

Coinbase Pro(元GDAX)のETH/BTC 4h足を確認すると、電気代が安い国でのマイナーの損益分岐点となる~0.038BTCまで下落せず、短期下落トレンドのレジスタンスをブレイクし、上昇三角を形成していることがわかります。ボリンジャーバンドを確認するとボラティリティは収束し、エキスパンドしようとしていることがわかります。

よって0.046BTCのレジスタンスを抜けられるかが重要になってくるでしょう。買い目線ではあるものの、このレジスタンスを大きく抜け、トレンド転換が明確になってからが安全だと考えられます。

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析・考察出典:Cryptowatch

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

結論と考察

結果としてEOSのETH売りは正解だったと見られるでしょう。今回ETHを売却したICOプロジェクトは結果的に底での売却となる可能性が高く、マイナーの「自身の投資を破壊しない」という心理的サポートに対して、ほとんどノーリスクでETHを売却できるICOプロジェクトはETHの問題点とも言えるからです。

ビットコインETFの審議延長から再度はじまった仮想通貨の下落トレンドですが、今からは投資家が長期休暇を取ることによる夏枯れから脱却し、9月30日へのビットコインETF期待が再度高まっていくことを考えていく必要があるでしょう。

関連:ビットコインを暴落させたETF審議「9/30に最終決断」は間違い?正しい知識を解説

▼さらに詳しくはDMMサロン「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」にて
墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 DMMサロン