【墨汁速報】イーサリアム ライデンネットワークβ版ローンチで大幅改善

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム ライデンネットワークβ版ローンチで大幅改善

イーサリアムのオフチェーンプロジェクト「ライデンネットワーク」は、Alderaanリリースをイーサリアムメインネットへローンチ。ライデンネットワークのAlderaanリリースは、イーサリアムのメインネット初のフルバージョンとなる。

ライデンネットワークとは?

ライデンネットワークとは、イーサリアム上でのオフチェーン送金プロジェクトであり、ビットコインのライトニングネットワークと同様のスケーリングアプローチだ。

イーサリアムガスプライスが需要の高騰やスパムで高まる一方、ライデンネットワークではオフチェーン送金が可能となるため、ETHやトークン送金がガスプライス高騰の影響を受けないという利点がある。

ライデンネットワークβ版

ライデンネットワーク自体はイーサリアムメインネットにRed Eyesが2018年12月にαローンチしていた。今回のAlderaanリリースではRed Eyesと比較して下記のような大幅な改善が行なわれている。

  • モニタリングサービス
  • チャンネル経路探索
  • 仲介手数料

これはα版のRed Eyesに対しライデンネットワークのβ版にあたり、制限が設けられている。

Aderaanでのライデン改良

新規にライデンネットワークに導入された仲介手数料では、ライデンネットワークの仲介ノードがインセンティブとして手数料やバランスを報酬として得ることができる。

またチャンネルモニタリングでは、ノードが常にオンラインでなければならない必要がなく、経路探索によってネットワークトポロジー(ライデンネットワークのチャンネル構造)などの把握などの負担が軽減されている。またチャンネルをクローズすることなくETHなどを一部引き出すことができ、ライデンノードを立てる手順も簡略化された。

イーサリアムステーブルコインのプラットフォームとしてDeFi(分散型金融)が人気を博しており、ライデンネットワークと組み合わせることで、DeFiエコシステムはより成長していくだろう。

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の技術や相場影響や市場分析、テクニカルの考え方などをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Alderaan Mainnet Release Announcement


前のニュース仮想通貨取引所バイナンスのCZ氏、スチームについて「中立を保ちたい」
次のニュース世界の中銀発行デジタル通貨(CBDC)開発はどこまで進んでいるのか?
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者