【墨汁速報】イーサリアム2.0 公式”Altona”テストネットローンチは1週間以内を予定

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム2.0 公式

イーサリアム2.0の最新情報がイーサリアムファンデーションによって公開された。ETH2 Quick Update No.12によると、デポジットコントラクトのセキュリティ強化や公式のマルチクライアントテストネット”Altona v0.12”について言及している。

デポジットコントラクトのセキュリティ改善

イーサリアム2.0のデポジットコントラクトは、バリデータとなるための最も重要なコントラクトだ。イーサリアムファンデーションによると、イーサリアム独自のプログラミング言語であるSolidityで書かれたETH2デポジットコントラクトを新たに公開。この最新版デポジットコントラクトでは、Runtime Verification社によって2020年1月公開された形式監査で修正されたものよりさらにセキュリティが向上しているという。

デポジットコントラクト自体は、Solidityと同様にイーサリアムコントラクトの開発言語”Vyper”で書かれていた。Runtime Verification社の監査でVyperには様々なバグが発見され修正されていたが、ConsenSysなどによるVyperコンパイラーのセキュリティ調査で別のバグが見つかったことにより、セキュリティ懸念が増したことでSolidityで再度書き換えたという。

関連記事:ETH2デポジットコントラクトとは?

ETH2公式テストネット”Altona v0.12″

イーサリアム2.0フェイズ0のローンチの大前提である公式のマルチクライアントテストネットは、「Altona」と命名されている。Prysmatic LabsのオニキステストネットではすでにETH2のv0.12を実装しており、現在はLighthouseやTeku、Nimbusなどのイーサリアム2.0クライアントが実装に取り組んでいる段階だ。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

各クライアントごとの実装はコードベースや目標が異なるため、実装は簡単に行うことができるわけではなく、公式のマルチクライアントテストネットは時間を有している。仕様のアップデートには時間がかからないが、セキュリティ面や機能の最適化などに時間を割く必要がある。

Altonaテストネットは6月末にローンチ予定

Altonaテストネットは1週間以内のローンチを予定しており、6月中にはローンチする予定だ。Beacon Chainの起動に必要な最低バリデータ数は、メインネットと同様に16,384バリデータが必要となる。つまり約52.4万ETHがステーキングされる必要がある計算だ。

またAltonaテストネットではVyperのデポジットコントラクトではなく、セキュリティ改善したSolidityで書かれたデポジットコントラクトを使用する。先日行われたOKEx主催のETH2 AMAでの予定と同様となっており、イーサリアム2.0のローンチは予定通りにいけば2020年11月~2021年初旬にはなりそうだ。

参考:eth2 quick update no. 12

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロードマップは?
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素
【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュースビットコイン(BTC)採掘難易度が過去最大規模の15%上方調整
次のニュース2019年のオーストラリアでの仮想通貨に関する被害総額は約16億円
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者