【墨汁速報】イーサリアム2.0のカウントダウン開始! Altonaテストネットが遂にローンチ

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム2.0のカウントダウン開始! Altonaテストネットが遂にローンチ

イーサリアムはイーサリアム2.0の公式マルチクライアントテストネット「Altona」を6月29日にローンチ。ETH2のメインネットローンチ前の最終段階へとなる。

「Altona」マルチクライアントテストネット

イーサリアムは2015年のローンチ前に、オリンピックテストネットという正式リリース前のテストを行っていた。Altonaマルチクライアントテストネットは、イーサリアム2.0におけるオリンピックテストネットであり、問題なく運用できれば遂にイーサリアム2.0の正式ローンチとなる。

最新のイーサリアム2.0のロードマップでは、6月末から7月初旬にAltonaテストネットをローンチする予定であったため、順調に進んでいると言えるだろう。イーサリアムファンデーションはこれまでに多くの監査、バウンティプログラムを行っており、Altonaテストネットで問題がなければ予定どおり2020年内となる11月頃のローンチとなる予定だ。

つまりAltonaマルチクライアントテストネットのローンチにより、問題がなければデポジットコントラクトをイーサリアム上にデプロイする段階であり、ETH2ローンチのカウントダウンとなる。(最新のロードマップ及び予定は下記を参照)

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロードマップは?

現在のステータスは?

Altonaテストネットのジェネシスバリデータ(0ブロック目から携わるバリデータ)は685バリデータとなっており、6月25日に行われたETH2デベロッパー会議の時点ではすでに最低Beacon Chain起動数にステーキングは達していた。

すでに15エポック(Epoch)はファイナライズ、つまりスロットとバリデータにより提案されたブロックは「確定」しており、ファイナリティの分散合意も問題なく行えている。

Altonaテストネット情報
出典:beaconcha.in

4クライアントが参加

Altonaテストネットでは、下記の4クライアントを自由に選択することができる。

  • Prysm
  • Lighthouse
  • Nimbus
  • Teku

現在のイーサリアム1.0ではGethとOpenEthereum(元Parity)が主なクライアントであることを考慮すると、非常に分散されていると言えるだろう。データを各ノードにコピーし検証を行うブロックチェーンにおいて、このクライアントの分散性はセキュリティに非常に重要となる。そのためイーサリアムファンデーションはPrysmのオニキステストネットのようなシングルクライアントではなく、マルチクライアントテストネットをETH2の正式ローンチの条件としている。

Altonaのローンチにより、イーサリアム2.0フェイズ0の開発状況は8割終了となり、残すはメインネットローンチであり、まさにETH2のカウントダウンと言えるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?
実用化のフェーズに入ったイーサリアムのレイヤー2、ユーザー向けサービスも多く登場
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース新たな驚異的ランサムウェア「サノス(Thanos)」がダークネットに登場
次のニュースイーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者