【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

イーサリアム2.0の新テストネット、オニキス(Onyx)テストネットが6月14日にジェネシスブロックを生成し、ローンチした。このオニキステストネットは、6月3日に公開されたイーサリアム2.0の最終仕様となるVer.0.12を実装している。

関連記事:イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ

イーサリアム2.0オニキステストネットローンチ

イーサリアム2.0オニキステストネットは2020年6月14日、日本時間14時17分にスロット0(ジェネシスブロック)を生成し正式なローンチとなった。オニキステストネットへ参加するには32BGoETHのステーキングとバリデータノードが必要だが、Prysmクライアントを最新のPrysm Ver.1.0.0-alpha10にアップデートすることでトパーズテストネットから移行が可能だ。

ジェネシスブロックには993のバリデータによる署名が行われており、安定したスタートとなっていることが分かる。

出典:Etherscan

バリデータ数は?

Prysmatic Labsによると、トパーズテストネットに参加し、アクティベート(バリデータとして参加できる状態)されたバリデータ数は約4万バリデータとなっている。またあるバリデータの報告によると、トパーズテストネットでは接続しているバリデータのピア(Peers)つまりイーサリアム2.0Beacon Chainのブロックデータをダウンロードするための接続数が最高で700ノードを記録している。

対してオニキステストネットでは現在アクティベートされているバリデータ数は16,776バリデータとなっており、トパーズテストネットからの移行は半数以下の状態となっている。まだBeacon Nodeをアップデートしていないバリデータは、Prysmクライアントのアップデートを行っておこう。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0 2020年5月最新情報 32ETHステーキングでバリデータ検証をしてみた
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素
イーサリアム2.0の開発はどこまで進んでるのか?ローンチはいつ?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の詳しい解説、バリデータのテストのやり方や、テクニカルの考え方などをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース【後編】シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10選
次のニュースJPモルガンとゴールドマンがビットコイン(BTC)評価で大きな違い
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者