【墨汁速報】イーサリアム2.0(セレニティ)今後のタイムラインと方針を提案

編集部おすすめ

【墨汁速報】QuadrigaCX元CEO 顧客のビットコインなどを使い込み仮想通貨証拠金取引

イーサリアム2.0(セレニティ)の大まかなタイムラインと方針が、イーサリアムファンデーションのリサーチャーであるジャスティン・ドレイク(Justin Drake)氏によって提案。イーサリアム2.0のフェイズ0となる2020年のビーコンチェーン(Beacon Chain)ローンチをはじめ、2021年にかけてのETH発行数の調整などが提案されている。

イーサリアム2.0今後の実装予定の提案

Drake氏によると、タイムラインは確定ではなく大幅にずれる可能性を示唆するものの、下記のようなタイムラインを提案している。

2020年 1月:Beacon Chainローンチ

2020年 6月: イーサリアム2.0 ライトクライアント(プロダクションレディ)

2020年11月:イーサリアム1.0のハードフォークPt.1

2021年 3月:イーサリアム1.0のハードフォークPt.2 

イーサリアム1.0:在のイーサリアムブロックチェーン、またはレガシィチェーンを指す

特にここで注目となるのが、2020年11月と2021年3月のイーサリアム1.0のハードフォークとなる。ハードフォークPt.1では、現在のマイニングによりブロックが生成されているイーサリアムチェーンにおいて、イーサリアム2.0のフォークチョイスルールによるファイナリティを持たせるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のハイブリッド実装。

関連:PoWとPoSとは?

また、ここではETHの発行数を減らすことなく、2021年の3月にイーサリアム1.0のハードフォークPt.2を行い、現在の発行数である1ブロックにつき2ETHから1/10となる0.22ETH~に減少させるというものである。

関連:【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年1月3日のローンチを予定

イーサリアムのマイニング報酬を10分の1へ減少

最終的にイーサリアム2.0(セレニティ)へ移行し、PoWのイーサリアム1.0を破棄するには、現在イーサリアム1.0上にデプロイされているコントラクトを移行する期間が必要なため、2021年以降になるのではないかとされている。またイーサリアム2.0での重要な実装となるブロックチェーンの複数分割技術の”Sharding”のフル実装は2021年のローンチを予定しており、イーサリアムエコシステム全体がイーサリアム1.0から2.0へ移行するには2~3年の期間がかかるのではないかとされている。

これらは現時点での提案であり、イーサリアムの開発や実装は日々変更されているため、2021年にPoWチェーンである現在のイーサリアム1.0を破棄し、イーサリアム2.0へと移行できるかは確定ではない。

だが、2020年のBeacon Chainのローンチからイーサリアムの実装は加速することになるのは間違いないであろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

参考:Ethereum Planning to Reduce Issuance in 2021

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0(セレニティ)の開発と今後どのように変わるのか?
イーサリアム(ETH)のマイニング報酬による市場価値への影響と今後の方針とは
イーサリアム(Ethereum)のDAppsユーザーの実態が明らかに!Metamaskが統計データを発表