【墨汁速報】イーサリアム2.0開始テストの結果は?Spadinaテストネット開始が無事完了

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

32ETHでステーキングできるイーサリアム2.0のローンチテストを行うSpadinaテストネットが29日、無事ローンチした。SpadinaではETHユーザー用のUIである「ローンチパッド」が使用でき、イーサリアム発明者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏やコアデベロッパー達が見守る中、各種チェックが行われた。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0 ローンチテストを行うSpadinaを発表

Spadina ETH2テストネット開始

Spadina ETH2テストネットは、イーサリアム2.0(セレニティ)の記念すべき開始のテストを行う一時的なテストネットだ。一般的なバリデータテストを行うMedallaテストネットと平行して別のテスト環境として一時的にローンチされており、開始から3日間ほどデベロッパー向けに運用が行われる予定だ。

日本時間2020年9月29日21時、Spadinaは無事ローンチし0番目のジェネシススロットが生成され、イーサリアム発明者のヴィタリック氏やイーサリアム2.0リサーチャー達が見守る中テストが無事開始された。

Beacon Chainローンチのチェック項目

Spadinaでは予めチェック項目が用意されていた。主なものとしては下記のものとなる。

Epoch0
・スロット3までに最初のブロックが提案
・バリデータの参加率80%以上

Epoch1
・スロット2(33)までにブロックが提案
・バリデータの参加率80%以上

Epoch2
・バリデータの参加率80%以上
・Epoch1が確定
・Epoch2の決定

Epoch3
・バリデータの参加率80%以上
・Epoch2が確定
・Epoch3の決定

主にBeacon Chainローンチ後は、バリデータのオンライン率や32スロットの期間を表す「Epoch」の確定とバリデータの投票によるフォーク先の決定のチェックとなっている。

Spadinaでのテスト結果

スロット3までにブロックを提案するというチェック項目では、スロット3でバリデータ0x8e006がブロックを提案した。対してローンチ時のEpoch0におけるバリデータのオンライン率は34.07%と低い水準となり、80%の目標に到達しなかった。

出典:beaconcha.in Spadinaテスト結果

またEpoch1ではスロット2までにブロックが提案できたものの、オンライン率は2.9%増加し80%の半分に届かなかった結果となっている。

バリデータのオンライン率は低い結果に

最終的な結果としてSpadinaのEpoch3までのオンライン率はEpoch6まで40%を超えることはできず、チェック項目の80%以上のオンライン率はクリアできない結果となった。現在Epochは96~を推移しているものの、オンライン率は70%前後となっており80%には届いない。

また次のEpochの決定、つまりフォークチョイスは成功しているものの、Epoch0以外はまだファイナライズされていない結果となった。これはバリデータが32ETHをステーキングだけし、ジェネシスバリデータとしてアクティベートされてはいたものの、Beacon Nodeを起動していなかったことが原因だ。

ステーキングは事前準備ができるため簡単ではあるが、Beacon Nodeの起動は時差や認識のズレなどがあるため、このテスト結果がローンチに影響することは低いと見られるだろう。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素
イーサリアムDeFiで1日で億り人? Uniswapの$UNI配布で何が起きたのか

関連記事:イーサリアム2.0ローンチ目前、報酬を得る4つのステーキング方法を解説!

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 


前のニュースファイルコイン(Filecoin)がメインネットへの移行を発表、10月15日頃の予定
次のニュース仮想通貨詐欺から身を守る5つの簡単な防衛手段
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者