【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロードマップは?

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロードマップは?

イーサリアム2.0マルチテストネットのデベロッパーによると、全てがうまく行けばイーサリアム2.0フェイズ0のローンチは2020年11月になる見込みだという。イーサリアム2.0は6月現在、v0.12.1を公開しており、最終実装候補となっている。当初のローンチ目標は2020年7月30日だった。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)ローンチ 2020年7月30日を目標へ

イーサリアム2.0 6月の最新ロードマップ

イーサリアム2.0マルチクライアントテストネットのデベロッパーによると、イーサリアム2.0をローンチするには最新のv0.12.1の仕様をETH2クライアントが全て実装しなければならないという。現在イーサリアム2.0 v0.12.1の仕様を実装しているのはトパーズテストネットで有名なPrismatic Labsのみであり、残りの4クライアントは現在実装に取り組んでいるとしている。Prismatic Labsはこの最新仕様を実装したオニキステストネットを14日に既にローンチしている。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ

イーサリアム2.0のローンチの前提条件である公式のマルチクライアントテストネットは、このクライアント実装を鑑みて、6月末頃にローンチする可能性があるという。全てがうまく行けば7月初旬にパブリックに公式のマルチクライアントテストネットをローンチし、最終の公開テストを7月中に行うことが可能だ。

デポジットコントラクトのデプロイは8~9月頃

イーサリアム2.0リサーチャー達はフェイズ0となるBeacon Chainのローンチの条件として2ヶ月以上の公式マルチクライアントテストネットを問題なく運用できるかどうかとしていた。実際にイーサリアム2.0がローンチする前に、デポジットコントラクトを現在のイーサリアムチェーン(レガシーチェーン)上にデプロイする必要があり、デベロッパーはおおよそ2020年8月か9月中旬頃になるのではないかと予期している。

結局イーサリアム2.0ローンチはいつなのか?

また公式マルチクライアントテストネットのローンチから90日後にBeacon Chainのジェネシスブロック、つまりイーサリアム2.0のスタートを設定するといいのではないかと提案しており、2ヶ月のマルチクライアントテストネットでのテストを行った後、1ヶ月の修正可能期間を設けられるからだ。

これらを前提に、ジェネシスブロックが楽観的に見れば早くて10月になると予期される。Beacon Chainのローンチには最低でも16000デポジット、つまり50万ETH以上がステーキングされなければならないという。また遅延などを考慮して現実的なローンチ日は11月頃と考えられるのではないかと述べており、バグなどで修正が必要な場合2021年初旬までが考えられるとしている。

当初のイーサリアム2.0のローンチ目標から既に半年経過しているが、イーサリアム2.0の開発ではそれだけセキュリティを第一に考えられて設計、リサーチされており、一度ローンチすればETHホルダーは安定的にバリデータ運用を行えるだろう。

順当に見れば2020年内は大型アップデート”ベルリン”があるため、2021年にはイーサリアム2.0はローンチしていると期待できるだろう。

参考:ETH Core and Infrastructure Devs on ETH 2.0 Roadmap, Challenges and Expectations

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム”ベルリンアップデート”の実装予定が変更 YOLO仮テストネットとは?
【墨汁速報】イーサリアム2.0 14日にオニキステストネットが新たにローンチ
イーサリアム(ETH)の価格が、2020年に上昇の期待ができる3つの要素

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュースSolana(ソラナ)8つのイノベーション、「Pipelining」「Cloudbreak」「Archivers」解説
次のニュースビットコイン(BTC)とS&P500に相関性あり?著名アナリストのPlan B氏が強調
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者