• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨取引所の記事一覧
仮想通貨取引所に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

バイナンス・ウガンダ(Binance Uganda)開設後の1週間で4万人の登録殺到、求めるのは経済的安定なのか?

バイナンス・ウガンダ(Binance Uganda)開設後の1週間で4万人の登録...

世界大手のバイナンス(Binance)がウガンダに仮想通貨取引所をオープンした。開設後1週間で4万人がユーザー登録したことが発表され、ウガンダでの仮想通貨の期待値の高さがうかがえる。ウガンダがバイナンスを受け入れる理由などを紹介。
フォーブス国際CEO会議にてバイナンス(Binance)のCZ氏が語る、仮想通貨市場の現状と展望

フォーブス国際CEO会議にてバイナンス(Binance)のCZ氏が語る、仮想通貨...

2018年10月末に開催された米経済誌フォーブス(Forbes)主催の国際CEO会議にて、バイナンス(Binance)CEOのCZ氏が出席。会議の中でCZ氏は仮想通貨市場やブロックチェーンに対する現状や、今後普及する理想の形などを語った。
バイナンス(Binance)がBNBトークンのユースケースを拡大、Coinbase等と全く異なるビジネス戦略

バイナンス(Binance)がBNBトークンのユースケースを拡大、Coinbas...

大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は、同社のトークンであるバイナンスコイン(BNB)を多くの投資先と提携したりとユースケースを拡大中。また、Coinbaceなど他社とは全く異なるビジネス戦略を展開しており、その現状況を解説。
世界最大級の取引プラットフォームのイートロ(eToro)、バイナンス・コイン(BNB)のサポートを発表

世界最大級の取引プラットフォームのイートロ(eToro)、バイナンス・コイン(B...

世界大手の取引プラットフォーム「イートロ(eToro)」が、取引対象にバイナンス・コイン(BNB)を追加した。今後BNBが普及されることが期待される。本稿では今回のBNBサポート詳細に加え、法定通貨と仮想通貨の在り方についても考察を行った。
Coinbase(コインベース)の企業価値9000億円以上に、約340億円の資金調達に成功

Coinbase(コインベース)が約340億円の資金調達に成功、企業評価額は9,...

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が10月30日、今回の投資ラウンドで3億ドル(約340億円)の資金を調達した。また企業価値が80億ドル(約9000億円)に達したことを発表。今後の方針なども紹介。
ワールドワイドな戦略?バイナンス(Binance)がシンガポール進出へ

ワールドワイドな戦略?バイナンス(Binance)がシンガポール進出へ

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がバーテックス・ベンチャーズ(Vertex Ventures)から支援を受けた。また、シンガポールに取引所を開設する計画も進んでいる。バイナンスがもたらすアジア地域へのメリットとは何かを解説する。
コインチェック 口座開設再開

約280日ぶりにCoincheck(コインチェック)が新規口座開設、一部仮想通貨...

仮想通貨交換事業者のCoincheck(コインチェック)が、新規口座開設、一部仮想通貨入金、購入再開を発表した。NEM流出事件からマネックスグループの買収劇など様々な過程を経て、2018年10月30日に復活したということになるだろう。
仮想通貨取引所バイナンス(Binance)CEOが世界投資フォーラムで語ったブロックチェーンの未来

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)CEOが世界投資フォーラムで語ったブロ...

仮想通貨業界で発言が注目されるバイナンス(Binance)取引所CEOのCZ氏が世界フォーラム2018内のセッション「持続可能な発展のためのブロックチェーン」で語ったブロックチェーンの透明性や未来、新プラットフォーム発表などをまとめて紹介。
栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)コラム

1年後の仮想通貨ビットコインの価格・相場状況は?:栢森 加里矢(QUOINE 代...

Liquid by Quoine(リキッド)を運営しているQuoine株式会社(コイン)の栢森CEOが、コインチョイスのライターとして登場。初回は、1年後・10年後の仮想通貨やビットコイン、諸外国の規制状況、海外の仮想通貨事情などに触れています。
Zaif(ザイフ)事業譲渡の承諾

仮想通貨交換事業者Zaif(ザイフ)の事業譲渡「承諾する、しない」・・・どちらを...

Zaif(ザイフ)の事業譲渡ページが公開されました。承諾する・しないを選択した場合の対応の仕方、カスタマーサポートの電話対応に関して調査を行いました。一度承諾すると承諾を選択するページに戻ることが出来ないことがわかった。
仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が2018年Q3期で達成したこと

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が2018年Q3期で達成したことと...

2018年10月初め、大手の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)はQ3(第3四半期)で達成したことについて、共同創設者兼CEOであるブライアン・アームストロング氏が公式ブログにて発表。この記事ではレポート内容をまとめて紹介する。
相場・チャートで見るビットコイン(仮想通貨)の上手な買い方とは?

相場・チャートで見るビットコイン(仮想通貨)の上手な買い方とは?

仮想通貨の取引には現物と先物がありますが、今回は現物の仮想通貨の購入方法を解説。買い方は「上昇トレンドで買う」「下落トレンドで買う」の2パターンあります。ビットコイン(BTC)を例にして、それぞれの買い方ポイントなどをまとめました。
バイナンス(Binance)CEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく追求される

バイナンス(Binance)のCEO、同社の適法性についてポッドキャストで厳しく...

英語圏で人気のUnchained(アンチェーンド)のポッドキャストにバイナンス(Binance)のCEO(CZ氏)がゲストとして登場。キレのある鋭い質問が人気のUnchainedのインタビュー。厳しい意見(追求)にもCZ氏は回答しています。
コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリース

コインベースが上場方針を転換、さらに個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinb...

米大手仮想通貨取引所のコインベースが上場のトークン増加のため上場方針を転換すること、そして個人向け暗号通貨インデックス投資「Coinbase Bundles」をリリースしたことを公式ブログでアナウンスした。同社の将来像とは?
バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版が近々リリースへ

バイナンス(Binance)の分散型取引所(DEX)パブリックベータ版が近々リリ...

大手仮想通貨取引所の1つバイナンス(Binance)が、分散型取引所(DEX)のパブリックベータ版を近々リリースすることがCZ氏のツイッターで発表。BinanceはどのようなDEXにしていく構想があるのか、現在わかることをまとめてみた。
ビットフィネックス(Bitfinex)が、新しい分散型取引所「Ethfinex Trustless」をリリース

ビットフィネックス(Bitfinex)が、新しい分散型取引所「Ethfinex ...

大手取引所のビットフィネックス(Bitfinex)が、0x(ゼロエックス)プロトコルを使用した新しい分散型取引所『Ethfinex Trustless』をリリース。主な特徴や今後のBitfinexの取り組み、期待することなどを解説。
仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨ガチホ勢も下落相場で稼ぐ!レバ勢は利率を見て稼ぐ!その方法とは?

仮想通貨の相場盛り上がりは2017年に比べると落ち着いており、価格も長らく下落傾向にあります。このような相場でも稼げる方法があるとボリ平氏。レンディングサービスを使った稼ぐ方法とは?実際にレンディングをやってみた実践レポートもお届けします。
米国最大の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がニューヨークでオフィス開設

仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)がNYにオフィスを開設、見据える未...

サンフランシスコに本社を構える仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)がポートランドに続き、ニューヨークにオフィスをオープン。新しく100人を雇用し、ブローカーディラーライセンスをもった証券会社を買収をする予定。
コインベース(Coinbase)が仮想通貨のNYSE設立も視野に従業員を倍増、米メディアが伝える

コインベース(Coinbase)が仮想通貨のNYSE設立も視野に従業員を倍増、米...

コインベース(Coinbase)が、2018年末までに2月時点のスタッフ数を500人に倍増する目標を達成。また、サンフランシスコで行われたカンファレンスで仮想通貨のNYSE設立も視野に入れているとCEOがコメントして話題となっている。
ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導入であると批判も

ShapeShiftがメンバーシッププログラムと独自トークンを発表。実質KYC導...

仮想通貨の取引所ShapeShiftが、メンバーシッププログラムと独自トークンを発表。これまで個人情報登録不要とプロモーションしていたShapeShift。今回のプログラム導入は実質のKYC導入との声も。リリースされた導入理由などを紹介。
仮想通貨交換所Shape Shift 、メンバーシッププログラムの運用開始を発表

仮想通貨交換所Shape Shift 、メンバーシッププログラムの運用開始を発表...

仮想通貨の交換所Shape Shift(シェイプシフト)が新たにメンバーシッププログラムの運用の計画を発表した。同社はこのプログラムを一種のロイヤリティと考えており、ユーザーによりよいサービスの提供ができると発表した。
仮想通貨取引所OKexで新たな厳しいKYCルール導入、本人確認ナシでは引き出し不可能に

仮想通貨取引所OKexで新たな厳しいKYCルール導入、本人確認ナシでは引き出し不...

仮想通貨取引所のOKexで新たに厳格なKYCルールが発表、8月28日から実装となった。このルールが適用されるとレベル1~3のうち最低でもレベル1で認証されないとユーザーが出金不可能になるものだ。段階レベルの詳細を紹介。
世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートアップの為インキュベーションプログラム開始

世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートアップの為インキュベーシ...

世界最大手の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)の投資機能などを担うBinance Labが、ブロックチェーンスタートアップのためにインキュベーション(起業支援)のプログラムを開始した。このプログラムの内容を紹介。
quoine liquid発表会

QUOINE社の新サービスLiquid(リキッド)発表会:仮想通貨の大きな流動性...

QUOINE(コイン)社の新サービスLiquid(リキッド)発表会の様子をレポートします。まず、QUOINEの創業時のエピソードや栢森社長の自己紹介、社内観光、そして新プラットフォームのLiquidの発表と大変興味深い内容のものとなっていました。
現在のDEX(分散型取引所)にとっての課題を4つに整理、将来より使われるためには

現在のDEX(分散型取引所)にとっての課題を4つに整理、将来より使われるためには...

現在、DEX(分散型取引所)は4つの課題を抱えている。その課題と理由を紹介し、DEXが将来どのように使われていくか、その為にはどういった事が必要なのか、その他DEXに対する期待点などをまとめて解説。
アラブ首長国連邦(UAE)、初のイスラム法(シャリーア)準拠の仮想通貨取引所を立ち上げ

アラブ首長国連邦(UAE)、初のイスラム法(シャリーア)準拠の仮想通貨取引所を立...

アラブ首長国連邦で、国内企業のADAB Solutions社が世界で初となるイスラム法(シャリーア)に準拠した仮想通貨取引所をローンチした。この取引所は現在FICEと呼ばれる。UAEでの仮想通貨・ブロックチェーンの進展について等も紹介。
Coinbaseが分散型IDサービス買収とウォレットリブランディング、分散型金融が広まる社会に向けた取り組み

Coinbaseが分散型IDサービス買収とウォレットリブランディング、分散型金融...

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が、分散型IDサービスへの取り組み、ウォレットのリブランディングについての2つの発表をした。この発表を受け、分散型の社会の取り組み、今後の拡大について考察を行った。
ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引サービスを計画、2018年内に開始へ

ジャマイカ証券取引所が仮想通貨取引サービスを計画、2018年内に開始へ

ジャマイカ証券取引所(JSE)が、フィンテック企業Blockstation社と提携(MOU締結)し、2018年内にも仮想通貨取引サービスを開始する計画があることを明かした。JSEはサービス開始が投資家にとって非常に有意義なコトと主張する。
バイナンス(Binance)の上場手数料が400BTC(約3億円)というリークについての是非

バイナンス(Binance)の上場手数料が400BTC(約3億円)というリークに...

Ethereumのフォークプロジェクトの共同創業者がバイナンス(Binance)に上場手数料を問い合わせたところ400BTCの見積もりを出されたことをSNS上で開示し話題となっている。このリークが本当だった場合、何が問題点なのかを解説する。
フィンテック企業の連邦銀行免許申請を受理、米通貨監督庁の決定が金融界に波紋

フィンテック企業の連邦銀行免許申請を受理、米通貨監督庁の決定が金融界に波紋

米通貨監督庁(OCC)が7月31日に発表した政策で、フィンテック企業に対し銀行免許の申請を受け付ける意向を発表した。この免許は取得した場合どのようなことが可能になるのか?また、仮想通貨業界(取引所)への影響とは?
バイナンスのBNB使用の新しい手数料モデル、株式会社が発行をするトークンモデルについて

バイナンスのBNB使用の新しい手数料モデル、株式会社が発行をするトークンモデルに...

Binance(バイナンス)が新しい取引手数料のモデルを発表した。最大0.0150%まで取引手数料を低く出来るとのこと。しかしそれには8段階にわかれている条件があり、それをクリアする必要がある。その他トークンモデルについても言及した。
DCEXがリップル(XRP)を基準通貨とする仮想通貨取引所の開設を発表

DCEXがリップル(XRP)を基準通貨とする仮想通貨取引所の開設を発表

仮想通貨取引所DCEXが、世界初となるリップル(XRP)を基軸通貨とする取引所を開設する予定である。取引開始はまだ数週間かかるとのことだが、すでに口座登録はスタートしている。新しい取引所の取扱通貨や特徴等の詳細を現在わかっている内容を紹介。
分散型取引所プロトコル“0x”の次期メジャーアップデートがDEXエコシステムで可能にすること

分散型取引所プロトコル“0x”の次期メジャーアップデートがDEXエコシステムで可...

Ethereum上のDEXプロトコル“0x”の次回メジャーアップデートが、Kovanテストネットにアップされた。そもそも0xとは何か?そしてアップデートはどういった内容が追加されるのか?アップデートによって何が期待されるのかを解説。
イーサリアム系DEX(分散型取引所)の統計データとそれぞれの特徴を簡単にまとめてみた

イーサリアム系DEX(分散型取引所)の統計データとそれぞれの特徴を簡単にまとめて...

DEX(分散型取引所)とは中央管理者が存在しない取引所のこと。現在も様々なDEXが存在しているが、どういったDEXがあるのか?どこが人気(注目)とされているのか?また、いくつかのDEXをピックアップして仕組みや特徴などを紹介。
仮想通貨の取引事業者(Binanceなど)が、銀行業を開始する動き目立つ

仮想通貨の取引事業者(Binanceなど)が、銀行業を開始する動き目立つ

仮想通貨の取引関連企業(Binance、coinbase、Litecoin財団、Circle等)で、銀行業を開始しようとする動きが目立ち始めている。どの企業も新たなビジネスモデルを確立しようと必死である。本稿では各企業の動向を追ってみた。
バイナンス(Binance)の第四半期が終了、一周年を迎える取引所やBNBトークンのバーンや今後について分析

バイナンス(Binance)の第四半期が終了、一周年を迎える取引所やBNBトーク...

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の第四半期が終了し、CEOのCZ氏がQ4のレポートを公表し、注目を集めている。発足から一周年を迎える取引所のこと、そしてBNBトークンのバーンや今後について分析・考察を行った。
韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が日本とタイにサービス展開計画

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が日本とタイにサービス展開計画

韓国大手の仮想通貨取引所であるBithumb(ビッサム)が取引所プラットフォームをグローバル展開する計画であると発表した。まずは日本とタイに進出計画があるようで、タイに関しては2018年10月下旬にサービス開始するのではと報じられている。
LINE、仮想通貨取引所「BITBOX」サービス開始! 日米は対象外

LINE、仮想通貨取引所「BITBOX (ビットボックス)」サービス開始! 日米...

LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」の運営を開始した。ビットコイン(BTC)を含む30の通貨を取り扱う。制度上の関係で日米は非対応となる。LINEでも大きな市場を占める日本でBITBOXが使えないことで今後どのような影響が出るのだろう。
コインベースが5つの暗号通貨の取扱検討開始をしたアナウンスについての所感、XRPが含まれない理由とは

コインベースが5つの暗号通貨の取扱検討開始をしたアナウンスについての所感、XRP...

先日、米国の大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbace)が新たに5種類の仮想通貨の取扱について検討を開始したというアナウンスが入った。その5種とは?その通貨に対する平野氏の所感やなぜXRP(リップル)が含まれないのか?について考察する。

カナダ仮想通貨取引所コインスクエア(Coinsquare)、日本進出に向けデルタ...

カナダの大手仮想通貨取引所コインスクエア(Coinsquare)と、ブロックチェーン企業の投資銀行であるデルタ21が提携、日本進出に向けた計画があることを発表した。6月に発表のあったコインベース、そして今回のコインスクエアともに注目される。
コインベース(Coinbase)アプリのダウンロード数減少、ユーザーの要望に対応追いつけず

コインベース(Coinbase)アプリのダウンロード数減少、ユーザーの要望に対応...

米国大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)のアプリダウンロード数がかつてないほど落ち込んでいる。要因は仮想通貨価格の下落?トレーダーの減少?ユーザーの要望や業界、その他コインベースを取り巻く状況を整理し解説。
Unbanked(銀行口座を持たない人たち)の将来の暗号通貨ユーザーへのアプローチ

Unbanked(銀行口座を持たない人たち)の将来の暗号通貨ユーザーへのアプロー...

バイナンスが法定通貨対応の取引所を東アフリカの国ウガンダでオープンした。また、コインベースCEOが銀行口座を持たない人々に対し非営利団体のGiveCrypto.orgを立ち上げた。この件に関して将来の暗号通貨ユーザーへのアプローチを考察。
バイナンス(Binance)が2018年純益を最大10億ドルと予想、西日本大水害に100万ドルを寄付

バイナンス(Binance)が2018年純益を最大10億ドルと予想、西日本大水害...

バイナンスは2017年7月に発足したばかりの仮想通貨取引所だが、2018年の純利益は最大で10億ドルになると予測されている。また、先日の「平成最悪の被害」として連日被害が拡大中の西日本豪雨の被災者に寄付金を準備すると発表し話題となっている。
複数のタイの証券会社が共同で仮想通貨取引所を開設する計画が明らかに

複数のタイ証券会社が共同で仮想通貨取引所を開設する計画が明らかに

タイ証券会社協会(ASCO)は、複数社共同で新たに仮想通貨取引所を開設する計画があることを、地元メディア誌バンコク・ポストが報じた。いつ頃開設するなど計画の詳細は発表されていないが、今回開設するにあたり現在SECに登録申請をしているという。
国外の仮想通貨取引所の日本人利用が相次ぎ禁止、国内業者の近い将来の姿としてあり得る可能性

国外の仮想通貨取引所の日本人利用が相次ぎ禁止、国内業者の近い将来の姿としてあり得...

2018年6月末、海外の仮想通貨取引所が国内在住のユーザーへのサービスを停止するという発表が相次ぎました。その該当業者は6社であり、今後も増えるかもしれません。こういった状況を踏まえ、今後考えられる国内業者の動向などを考察します。
仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)の現状と取扱停止銘柄の出金方法

仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)の現状と取扱停止銘柄の出金方法...

コインチェックから5月に取扱停止が発表された4種類のコインは、6月18日までに出金または売却するように利用者にお知らせされていました。本稿ではコインチェックからPoloniexへ該当のコインを送金する方法を紹介!ぜひご参考にしてください。
米国の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が日本上陸、日本法人CEOは“お金のデザイン”COOが就任

米国の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)が日本上陸、日本法人CEOは...

米仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が日本進出することがわかった。日本法人のCEOとして「お金のデザイン」北澤COOが就任するという。金融庁登録はいつ頃を予定しているのか?今後の動向など現時点でわかっていることを紹介。
Kyber Network(カイバーネットワーク)が取り組む「バックエンドとしてのDEX」の重要性

Kyber Network(カイバーネットワーク)が取り組む「バックエンドとして...

先日KyberNetworkのイベントが開催されました。イベントで発表されたこと、現在のカイバーネットワーク状況の紹介や、今後のDapps経済圏での問題点などを考察&解説します。どんな問題点なのか?今後はどのような期待がされるのか?必読です。
バイナンス(Binance)がマルタのブロックチェーンeスポーツ企業「chiliZ」に投資

バイナンス(Binance)がマルタのブロックチェーンeスポーツ企業「chili...

マルタを拠点として活動を予定している仮想通貨の大手取引所バイナンス(Binance)が、新たな投資を行った。投資先はブロックチェーンプラットフォーム(eスポーツ関連)を運営するchiliZ(チリーズ)である。投資金額は不明だという。
ビットコイン(BTC)は「販売所」で買ってはいけない?取引所との違いを解説

ビットコイン(BTC)は「販売所」で買ってはいけない?取引所との違いを解説

国内の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)には取引所と販売所が存在します。仮想通貨の投資初心者にとってはどちらが良いか迷うところ。今回は取引所と販売所の違いを実際の取引画面を見ながらわかり易く解説。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@