5分でわかる!イーサリアム(Ethereum)について最低限知っておくべきこととは?

9363

エグゼクティブ(お偉いさん)がイーサリアム(Ethereum)について知っておくべきことは?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。

今回は、イーサリアム(Ethereum)に関する話題です。エグゼクティブ(お偉いさん)がイーサリアム(Ethreum)について知っておくべきことを簡単にまとめてみました。

イーサリアム(Ethereum)概要

イーサリアムは、ヴィタリック・ブテリン氏によって開発された暗号通貨です。時価総額は、ビットコイン(BTC)に次いで第2位です。よくビットコイン(BTC)とイーサリアムが比較されることが多いですが、ビットコイン(BTC)が通貨であることに対して、イーサリアム(Ethererum)はプラットフォームの名称です。

そして、その中で使われる通貨のことをイーサ(ETH)と呼びます。イーサ(ETH)は、GAS(燃料)とも呼ばれておりさまざまな使われ方をします。例えば、スマートコントラクト(後述)の実行や、トランザクションを送信する時に使用されます。

イーサリアム仕組み

イーサリアム(Ethereum)は、DApps(分散型アプリケーション)をEVM(Ethereum Virtual Machine)上で実装することができます。EVMとは、イーサリアム(Ethereum)上で動作する仮想マシンです。DAppsを直接見てみたいという方は、etherchainで確認することができます。

EVMは、solidityというプログラミング言語で記述されたコードをEVMバイトコードに変換することで、トランザクション(取引)を実行しています。また、イーサリアムはビットコインよりも柔軟性の高いコードを記述することができます。これらをスマートコントラクトと呼びます。スマートコントラクトは、わかりやすく言えば、契約をトラストレスで自動的に執行できる仕組みのことです。

関連記事:イーサリアム(ETH)の「Solidity」ってどんな言語?ノンプログラマー向けに解説

イーサリアムエコシステム

イーサリアム(Ethereum)エコシステムには、3種類のプレーヤーがいます。それぞれ、ユーザー、開発者、マイナーです。順番に説明していきますね。

まずは、ユーザーです。ユーザーになることは難しくありません。誰でも、イーサリアム(Ethereum)のユーザーになることができます。具体的には、取引所でイーサ(ETH)を売買したり、他のイーサリアムトークン(ERC20)とETHを交換することです。そして、企業はイーサリアム(Ethereum)に基づくソリューションを活用することで、イーサリアム(Ethereum)のユーザーになることができます。

次に、開発者です。プログラミングやCTOの経験がある人の多くは、潜在的にイーサリアム(Ethreum)開発者になることが可能です。DAppsの独自言語(Solidity)は、JavaScriptに似ており、学習することが比較的容易く、多くのチュートリアルが用意されています。

最後は、マイナーです。マイナーはDAppsを動作させるためにコンピュティングパワーを提供することで、イーサ(ETH)や他の暗号通貨を報酬として、受け取ることができます。イーサリアム(Ethereum)のプラットフォームを正しく機能させるには、マイナーの存在が不可欠となります。

まとめ

概要から仕組み、エコシステムについてまとめました。最低限ここまでは知っておくべきという内容を凝縮してお届けしたので、なかなか学習の時間をとることもできない人であっても、空き時間にサーっと一読することができますので、ぜひご参考になさってください。

参考:CTOvision