【墨汁速報】ビットコインや米株一時高騰 米FRB 緊急で50bpの利下げ

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコインや米株一時高騰 米FRB 緊急で50bpの利下げ

連邦準備制度理事会(FRB)は、緊急で50bpの利下げを発表。この発表によりビットコインを含むゴールド、米株に買いが集中し一時的に高騰。ビットコインは約1.74%の高騰後、-2.58%の下落となった。

FRB新型コロナウィルスを警戒

FRB議長ジェローム・パウエル(Jerome Powell)氏は、「米国の経済は依然強いものの、新型コロナウィルスは経済活動に対するリスクを引き起こすだろう。これらのリスクを考慮してFRBは最大の雇用と物価の安定を維持することを目標とし、50bpの利下げを行う」と述べた。

このFRBの緊急利下げにより、107円後半を推移していたドル円は107.1円まで下落して円高、ビットコインや米株のフラッシュ的な高騰とはなったものの、ビットコインは高騰以上の下落を記録しており、ゴールド価格は約4,000円の高騰を維持している。

コロナショックによる全面安

2020年2月末、中国の武漢から発症した新型コロナウィルスによる経済不安からビットコインやゴールド、株、為替全面安となりコロナショックという新しい言葉が生まれた。2月にはゴールド価格は日本円建てで約188,000円を記録しATH(史上最高値)となったものの、コロナショックの影響で1日で1万円の下落をしたことも記憶に新しい。

さまざまなチャート

ビットコインは2019年8月1日に、FRBによる10年ぶりの利下げによる大きな影響を受け高騰したが、その後の利下げには短期的な影響のみとなっている。長期トレンドが上昇トレンドへと転換したビットコインは、今後のヘッジ先として利用される可能性を秘めていると言えるだろう。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ビットコインへの影響は?FOMCの利下げまとめ
米ドル衰退はビットコイン(BTC)の騰勢になるか?FRBの金利引き下げ効果を分析
新型コロナウイルスが仮想通貨に大きなインパクト、中国はデジタル人民元発行へ加速か

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュース仮想通貨エニグマ(Enigma)のプロトコル変更でガバナンス要素が追加!
次のニュース英国の保険組合ロイズが仮想通貨ウォレット向けの新しい保険を発表
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者