【墨汁速報】現在の出来高や決済日は?バックト(Bakkt)ビットコイン先物ついにローンチ!

編集部おすすめ

バックト(Bakkt)の現物決済されるビットコイン(BTC)先物が、日本時間9月23日についにローンチした。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の提供する四半期ビットコイン先物とは異なり、1ヶ月ごとに決済されるマンスリービットコイン先物のBTMと1日ごとに決済されるデイリービットコイン先物のBTCが提供されている。

関連記事:【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と変動額を発表

ビットコイン先物の出来高は?

Bakktのビットコイン先物のローンチは、日本時間9月23日9:00amに行われた。これはニューヨーク時間で20時となり、記念すべきBakktの初のビットコイン取引価格は10,115ドルとなった。

出典:ICE

ローンチから約2時間が経過しているBTMの現在の出来高は、8コントラクトとなっている。1コントラクトのサイズは1BTCと同数であるため、現在8BTCの約860万円前後と緩やかなスタートとなっている。

出典:ICE

Bakktの決済日

Bakktビットコイン先物の取引可能時刻はニューヨーク時間で午後20時から午後18時までとなっており、現在の日本時間ではサマータイムであるため、午前9時から午前7時までとなる。

マンスリー先物は1ヶ月ごとに決済され、Bakktの場合ローンチ日を開始日基準としていることから、10月ビットコイン先物の最終取引日は10月16日の、決済日は10月17日となる。

Bakktの影響

CMEのビットコイン先物ローンチとは反対に、Bakktのローンチ後には10,050ドル前後であったビットコイン価格は、ローンチを狙った売り込みにより9,977ドルまで下落。現在は10,011ドルを推移している。まだBakktの出来高が少なく、米時間の夜にかけてのローンチが影響されていると見られるだろう。今後の出来高の推移を注視して行く必要がある。

出典:Trading View

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】米CME ビットコイン先物の取引制限を2倍の1万BTC緩和案をCFTCへ提出
仮想通貨取引所バイナンスが先物プラットフォーム発表、約2500万円のトレーディングコンペも実施
CMEのビットコイン先物取引量が前年比132%増に、機関投資家の関心高まる