【墨汁速報】イーサリアム上で新たなステーブルコイン”QCAD”が誕生 2020年はドル以外がトレンドか?

編集部おすすめ

【墨汁速報】イーサリアム上で新たなステーブルコイン

カナダの仮想通貨スタートアップのジョイントベンチャーであるカナダステーブルコープ(Canada Stablecorp)は、イーサリアム上でカナダドルにペッグする新たなステーブルコイン、「QCAD」を新たにローンチしたと発表した。

新たなステーブルコイン「QCAD」誕生

カナダステーブルコープは、カナダ初となる仮想通貨ファンドの3iQとブロックチェーン開発をカナダ銀行や政府と開発を行ってきたMavennetとのジョイントベンチャーである。

カナダステーブルコープは2月11日、カナダドルの消費市場に向けてステーブルコインのQCADをローンチ、QCADはカナダの仮想通貨取引所であるDVex, Netcoins, Bitvo, NewtonやCoinsmartなどのカナダステーブルコープとの提携を行っているエコシステムで直接入手することができる。

仮想通貨カストディアンのバランス(Balance)やビットゴー(Bitgo)によりQCADはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、サークル(Circle)が発行するドルにペッグするステープルコインのUSDCの取引ペアが提供されており、QCADでの支払いや決済はBidaliとGilded Financeにより行うことができ、実利用も可能だ。

イーサリアム以外での発行の可能性を示唆

QCADはイーサリアム上で発行されるERC20トークンであり、シームレスな決済と送金が可能であり、ステーブルコープによると将来的にイーサリアム以外のネットワークでもQCADを発行する可能性を述べている。

ステーブルコープの最高経営責任者(CEO)であるJean Desgagne氏は、「QCADはカナダドルにペッグする初のステーブルコインで、強固な支払いと決済ソリューションを提供するカナダの金融市場基盤の重要な一部である。QCADは仮想通貨の新たな透明性の基準と監査可能性を築き、ステーブルコインの導入と信頼性を高めるだろう。」と述べている。

ステーブルコインのブームは、2018年にメイカーダオ(Maker DAO)の非中央集権ステーブルコインのDAIや、米サークルによるUSDC、ウィンクルボス兄弟のGeminiなどがイーサリアム上で発行されたことは記憶に新しい。

今後ドル以外のステーブルコインがイーサリアム上で発行されていくトレンドとなるとき、DEX(非中央集権取引所)でのFX取引が可能となり、より利便性が向上していくだろう。

参考:Introducing QCAD by Stablecorp

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアムDeFi DAIのDSR金利が米株の年間リターンを上回る
ステーブルコインはこの1年でどれだけ成長したのか
GMO日本円と連動したステーブルコイン(GYEN)の発行に向け内部実証実験開始

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムDeFi DAIのDSR金利が米株の年間リターンを上回る

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュース企業や開発者は今イーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのか?論点の整理
次のニュースカイバーネットワーク(Kyber Network)における月間取引量が過去最高に
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者