アイルランドで初となる仮想通貨オークションが開催決定

編集部おすすめ

アイルランドで初となる仮想通貨オークションが開催決定

アイルランドのオークション企業であるウィルソンズ・オークション(Wilsons Auctions)が3月6日、11万ユーロ(約1,290万円)以上のビットコイン(BTC)がアイルランドのダブリンにある同オークションハウスに3月24日に出品することを発表した。今回出品されるビットコインはベルギー連邦政府によって押収されたものである。

過去にもビットコイン(BTC)のオークション実施

24日に出品されるビットコインは、0.25BTCから1BTCの範囲で分割される。またビットコイン以外にも、ビットコインキャッシュ(BCH)やビットコインゴールド(BTG)などの多数の銘柄が含まれている。今回のオークションは、日本時間で3月24日火曜日21時から3月25日水曜日21時までの24時間実行される。

世界の法執行機関へのアドバイザリーサービスも行うウィルソンズ・オークションが仮想通貨のオークションを実施するのはこれが初めてのことではない。同オークションハウスは、2019年2月18日、ベルギー連邦政府との契約の結果により押収されたビットコインのオークションを実施することを発表。このオークションで出品された315BTCは、世界90カ国以上からの参加者によって入札され販売された。

新たに仮想通貨に参入する人のためガイダンス提供

ウィルソンズ・オークションのマーク・ウッズ(Mark Woods)アセットリカバリーエクゼクティブは、「アイルランドで初となる押収されたビットコインのオークションを開催できることを嬉しく思う。リスクがあり困難なプロセスとなるオンラインの取引所を利用する代わりに、信頼できるオークションハウスからオンラインで仮想通貨を購入するこの形式は、私たちの顧客に人気があることが証明されている」と語っている。

また同氏は、「私たちは、仮想通貨の世界に新たに参加する人と経験者の両方が平等に参加できるようにガイダンスを提供する」とも述べている。

同オークションのエイダン・ラーキン(Aidan Larkin)アセット・リカバリー・ディレクターは、「私たちの仕事は、世界中のさまざまな法執行機関や政府機関、倒産した企業から押収された資産の管理の支援を要請された結果だ」と話している。

参考
Wilsons Auctions to host first public cryptocurrency auction in Ireland!
Wilsons Auctions marks new Belgium contract with launch of first Bitcoin auction

【こんな記事も読まれています】
イーサリアムネームサービス(ENS)とは?OpenSeaで英個人名のオークションが開始
ブロックチェーンベースの美術品オークションプロジェクトにネム(NEM)などが協力
ブロックチェーンカードゲーム「クリプトスペルズ」クラウドセール実施、4倍以上の価格も!


前のニュース【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動
次のニュースビットコイン(BTC)採掘が苦境に、ハッシュレートが異常に上昇
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。