ビットコイン危機的状況は回避された!?相場は30万円回復

2355

編集部おすすめ

ビットコイン分裂危機として8月1日がXデーとされてきましたが、それを回避するための新しいプログラム「BIP91」が無事アクティベートされました。
これによりビットコイン相場は30万円台を回復し、土日も比較的安定した相場展開となりました。

ビットコイン分裂危機が回避されるというニュースはいち早く伝わり、ビットコイン相場は先週から徐々に上昇しています。これを踏まえて週明け7月24日午前10時のビットコイン円チャートです。
(前回のチャートを見比べてみてください)

7月18日の記事:ビットコイン相場は3連休で底を付けたか?それとも・・・

ビットコイン日足チャート

BTC/JPY現物日足チャート 1BTC=304750円

出所bitFlyer(ビットフライヤー)
テクニカル分析:一目均衡表、フィボナッチリトレースメント

先週は直近の高値から半値50%(206,000円)まで下押し後、61.8%ライン(253,000円)まで戻した相場でした。

そこから1週間で一目均衡表の雲の下限から上限(78.6%)を突き抜けて305,000円まで回復しています。

ビットコイン1時間足チャート

ビットコインの1時間足チャートを見てみよう
(売りと買いの気配値(板)を見ると、今は「買い板」のほうが優勢でしょうか?)

7月24日午前10時現在、1時間足チャートでは30万円台で雲にサポートされながら小動きになっています。レンジ幅は29.5万円から31.2万円を見ています。

30万円を回復したビットコイン価格が、すっきりその上を目指せないのは、まだ完全にビットコイン分裂問題が解決したわけではないからです。

それでも「ビットコインが消失したり、大暴落するような事態」には陥らない様子に、投資家による買いが入ってきたのだと推測されます。

<今後の見通し>
30万円を回復したビットコインですが、ここから高値を更新するためには新たな情報、安心感のでるポジティブな材料が欲しいところ。

当面は直近高値の「32万円越え」のタイミングを意識しています。ここは逆に「やれやれの売り」も出そうなので場中の出来高、勢いで考えていきたいと思っています。