金融庁、ICOに関する注意喚起を発表

編集部おすすめ

金融庁が最近話題になっている仮想通貨を使った資金調達ICO(イニシャル・コイン・オファリング)について注意喚起を行っている。

利用者に対してはICOで発行されるトークン(新しい仮想通貨)について以下の2点への注意を促している。

・買ったトークンの価格が下落する可能性がある
・プロジェクトが詐欺である可能性がある

ICOが行われる際には通常ホワイトペーパーなどで今後の計画が説明されているが、ICOブームに便乗しただけの明らかに仕組みが怪しいものや、実現可能性が低いと考えられるものがある。

また、取引所などの事業者に対してはICOの仕組みなどによっては資金決済法や金商法などの規制対象になるケースがあり、その場合ICO事業者が業者として登録する必要があると説明している。

いずれにせよ、ICOに参加する際にはどのようなプロジェクトにお金を渡すのか十分に理解しておきたい。

金融庁からの注意喚起


前のニュースビットコイン相場:週末の投資戦略10月27日~
次のニュースビットコインの生みの親がブロックチェーンに残した言葉とは
ヨリコ ビール
ビールとも呼ばれています。2015年夏から仮想通貨の翻訳や編集を中心に活動中。難しい言葉やコンセプトが多いからこそ、文系女子の視点からなるべく分かりやすく楽しい記事を目指しています。Youtubeチャンネル「ビットコイナー反省会」ツイッターでも情報発信中。