積極的に新しいプロダクトを進めるバイナンスの未来は?

編集部おすすめ

積極的に新しいプロダクトを進めるバイナンスの未来は?

バイナンスがいかに他社取引所と比べて新しいプロダクトのローンチに精力的か

バイナンスは2019年にさまざまなプロダクトをローンチしてきました。同年のIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)ブームの引き金もバイナンスであり、その後同社のサービスはレンディングやステーキング、先物取引などに拡大しています。

暗号通貨データベースを提供するメサリ(Messari)の信頼できる取引所トップ10に含まれている取引所のうち、バイナンスは相対的にも非常に多くのプロダクトをローンチしていることは以下の画像を見ても明らかです。

取引所のプロダクトローンチグラフ

同社は他社が1のプロダクトを出す間に6~8の新しいビジネスを展開します。

ステーキングビジネスは取引所にとってどのような競争力になるか?

バイナンスが最近精力的に展開するステーキングサービスは同社にとってどのような競争力になるでしょうか。同社はテゾス(Tezos)やアトム(ATOM)などのアセットに対応しています。

取引所内でステーキングできるということは、ユーザーには取引所にカストディをするインセンティブが働きます。ユーザーはステーキング報酬を得ながら、いつでも当該アセットを売買することができます。従来のステーキングサービスではアセットを売却したい場合、アンステークする動作の後、取引所に送金する必要がありました。これはプロトコルによりますが、例えばCOSMOSでは21日間のロックアップ期間が必要です。

バイナンスではこの動作が必要なくステーキングができ、売買もしやすいためステーキングアセットの流動性が確保されるでしょう。そして流動性があるため、より多くのユーザーが惹きつけられ、それによりバイナンスのカストディはさらに潤沢になります。

バイナンスはもはや取引所ではない

海外著名ファンドのマルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)のブログによると、バイナンスはもはや取引所ではなく、「金融の未来」を作る企業であると表現しています。(同ファンドはバイナンスのBNBに投資をしています。)

バイナンスが暗号通貨を店舗で使用できるデビットカードを今後発行することは想像に難しくなく、暗号通貨を決済できるようになります。バイナンスでは既にレンディングサービスを行ってい、アカウント内同士の送金を無料化しています。銀行の基本機能は、預金・融資・決済(送金)と言われますが、このうちの2つをバイナンスはグローバルレベルですでに提供しています。
同社の競合はもはや送金会社のトランスファーワイズ(TransferWise)や、ネオバンクとしてのロビンフッド(Robinhood)だろうとマルチコイン・キャピタルのパートナーは論考を記述しています。

2017年創業のバイナンスは依然、人類史最も早く成長をしている企業であり、その躍進はまだ止まっているように見えません。

参考
Binance is Blitzscaling
CRYPTO THESES FOR 2020

【こんな記事も読まれています】
バイナンス(BINANCE)登録方法・口座開設・アプリの使い方手順を解説!
2019年の仮想通貨価格上昇ランク1位はビットコイン(BTC)ではなくバイナンスのBNB
【墨汁速報】バイナンス ビットコイン売買にルーブルやペソなど167種類のキャッシュ取引を提供開始


前のニュース【墨汁速報】イラン国営TV「ウクライナ旅客機を人為ミスで撃墜した」と報道 今後のビットコインへの影響は?
次のニュース仮想通貨と株を比較!投資を始める前に押さえたい9つのポイント
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。