【墨汁速報】ウィンクルボス兄弟Gemini ナカモトキャプティブ(自社保険)をローンチ 最大2億ドルをカバー

編集部おすすめ

【墨汁速報】ウィンクルボス兄弟Gemini ナカモトキャプティブ(自社保険)をローンチ 最大2億ドルをカバー

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)は、コールドストレージのようなオフラインの金庫からビットコインやイーサリアムが盗難、紛失した場合にクライアントを保護する新たな保険企業を立ち上げるという。

コールドストレージでは過去最大のカバー額

Geminiの手掛けるキャプティブ(自社専用保険会社)は、Geminiカストディが提供するコールドストレージで保管されているビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの保険を提供するとしている。コールドストレージは本来物理的にネットワークへの接続が遮断されていることから、ハッキングや盗難被害に合う場合には内部犯や共謀が原因となる。また、台風や自信などの自然災害などにより、秘密鍵が物理的に失われてしまう可能性もあるだろう。

Geminiのユスフ・フセイン(Yusuf Hussain)氏によると、「Geminiの新たなキャプティブは、他の仮想通貨カストディアンが提供する保険より(コールドストレージでは)最も高い最大カバー額を誇る」と述べており、最大で2億ドルのカバーをするとしている。マーシュが提供するLedger Vaultへの保険が1.5億ドルであるため、コールドストレージでは過去最大となる。

関連記事:【墨汁速報】Ledger Vault マーシュを介してロイズの約163億円の仮想通貨保険を獲得

キャプティブによる仮想通貨の再保険市場アクセス

Geminiのキャプティブは、ビットコインの発明者である素性不明のナカモトサトシにちなんで、Nakamotoと命名されている。キャプティブ保険はフォーチュン500の企業が採用する一般的なコスト削減方法で、完全子会社となる。

多くの海外仮想通貨取引所が、ハッキング被害のカバーを行うためにカバーファンドを用意しているのに対し、キャプティブ保険はより正式な方式となる。またキャプティブによりGeminiの信頼性も向上し、保険の保険、つまり再保険市場へのアクセスにより、リスク分散やカバー額のアップというアドバンテージを持つ。

エーオンと共同でGeminiの保険証券を調整したマーシュのデジタル資産リスクトランスファーチームのサラ・ダウニー(Sarah Downey)氏は、「GeminiのNakamotoキャプティブは、今までなかった再保険市場へのアクセスを広げる。この再保険市場により、Geminiはより良いレートとさらなるカバーを得る機会を得ることができるだろう」としている。

Geminiカストディは、仮想通貨の高金利レンディングであるBlockFiでビットコインやイーサリアムの保管に使用されており、今後Geminiのカストディの需要は急増していくと見られるだろう。

関連記事:【墨汁速報】高金利レンディングBlockFi USDCとライトコインの取扱開始 非常に高い利便性とは?

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】高金利レンディングBlockFi USDCとライトコインの取扱開始 非常に高い利便性とは?
ウィンクルボス兄弟のGemini、世界初の規制されたステーブルコイン「Gemini Dollar」を発行
【墨汁速報】1792年設立老舗金融機関ステートストリート 仮想通貨取引所Geminiと新たな試みを開始

参考
Gemini Launches Captive Insurance Company and Custody Insurance Solution with Leading Brokers Aon and Marsh

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら