【墨汁速報】グレースケールXRPトラストの解散を発表 リップル社のSEC提訴とXRP上場廃止を受け

編集部おすすめ

【墨汁速報】グレースケールXRPトラストの解散を発表 リップル社のSEC提訴とXRP上場廃止を受け

最大手仮想通貨ファンドのグレースケール(Grayscale)は、米国証券取引委員会(SEC)によるリップル社の起訴を受けXRPトラストが運用するXRPを売却し、XRPトラストの解散に伴う償還を発表。グレースケールは今月6日に別の仮想通貨インデックスファンドのGFLCが運用するXRPを既に清算していた。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨ファンドグレースケールのGDLC リップル(XRP)を全売却しBTCやETHへ投資

XRPトラストの解散

グレースケールによると、SECによる連邦証券法においてXRPが証券であり、リップル社が証券取引法違反であるという提訴により、多くの仮想通貨取引所や仮想通貨ファンドがXRPの上場廃止や清算を行っていることを受け、XRPトラストの解散を開始すると発表した。

グレースケールの保証人は、「これらの仮想通貨業界の動向を受け、XRPトラストや米国投資家がXRPをドルに売却することが困難であると判断した」と述べている。

関連記事:【墨汁速報】リップル2大マーケットメイカーXRPの流動性提供を停止 リップル社のSEC起訴を受けて

XRPの売却と償還

グレースケールの保証人はこれらの判断からXRPトラストが保有するXRPを清算。XRPトラストが保有する資産を株主に償還(資金を返却)を開始するとしている。現時点ではXRPの売却を発表したのみとなっており、XRPの売却価格などは発表されていない。

これらの償還は信託報酬などを計算した後に行われるため、株主にはXRP売却レートなどが後ほど知らされることになるだろう。

グレースケールは新規投資家受付を再開

グレースケールは2020年12月末に、ビットコイントラストやイーサリアムトラストなどの新規投資家受け入れを一時停止していたが、2021年1月に入り再度受け入れを開始している。一方で13日時点のグレースケールのAUMにおいて、XRPトラストが既に除外されている。12日時点でのXRPトラストのAUMは約1,130万ドルとされていたため、今週中にXRPを売却したと見られるだろう。

出典:Grayscale

米国におけるXRPの上場廃止は、ビットスタンプ(Bistamp)やビットレックス(Bittrex)、バイナンスUSなどの主要メジャー取引所が既に行っており、合法的にXRPの売買を米国投資家やファンドが行うのは難しい状況となっている。また仮想通貨ファンドは最終的にETFとしての上場を視野に入れていることや、仮想通貨取引所は上場によるIPOを目標としていることから、一連のSECの動向が大きく影響しているということだろう。今後も米国仮想通貨業界の動向に注視が必要だ。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】SEC正式にリップル社を証券取引法違反で起訴 非登録証券のXRPを売却した疑い
【墨汁速報】仮想通貨ファンドグレースケールのGDLC リップル(XRP)を全売却しBTCやETHへ投資
【墨汁速報】リップル2大マーケットメイカーXRPの流動性提供を停止 リップル社のSEC起訴を受けて

関連記事:【墨汁速報】SEC正式にリップル社を証券取引法違反で起訴 非登録証券のXRPを売却した疑い

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではリップル社の訴状の詳しく解説、ビットコインやイーサリアムの最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界 – 暴かれたリップル社の闇
SECの訴状から見る投資家が知るべきリップルとXRPの歴史

参考:Grayscale Investments Commences Dissolution of Grayscale XRP Trust

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース【墨汁速報】米国立”仮想通貨”銀行が誕生 OCCがAnchorageの米国立信託銀行の設立認可
次のニュースモネロなどプライバシーコインが規制強化で存続の危機に
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者