【墨汁速報】グレースケール 仮想通貨ファンドの”イーサリアムトラスト”SEC報告会社に登録完了

編集部おすすめ

【墨汁速報】グレースケール 仮想通貨ファンドの

米暗号資産(仮想通貨)ファンドグレースケールの「イーサリアムトラスト」がビットコイントラストに続きSECの報告会社(Reporting Company)に登録された。同社は2020年8月、SEC報告会社として登録するためのForm10をSECに提出していた。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムETFの準備か?米グレースケール イーサリアムトラストのForm10をSECに提出

イーサリアム投資信託初のSEC報告会社へ

グレースケールは米仮想通貨ファンド最大手であり、イーサリアムトラスト(ETHE)の他にもビットコイントラスト(GBTC)や複数の仮想通貨ファンドを持つ。同社のビットコイントラストは2019年11月にSECに仮想通貨ファンドとして初の報告会社としての登録をするための「Form 10」を提出。2020年1月に登録されている。

GBTCやETHEは私募購入であり、グレースケールを介して機関投資家などがビットコインやイーサリアムに投資する場合12ヶ月の法定保有期間を有するが、SEC報告会社として四半期と年次報告、監査法人による財務諸表をSECに提出することで、半分である6ヶ月に短縮することができる。

関連記事:SEC報告会社(Reporting Company)とは?

グレースケールのAUMは60億ドル超え

2020年10月9日時点のグレースケールの仮想通貨ファンドはビットコイントラストやイーサリアムトラストなどを合計すると60億ドル(約6,320億円)に上る。最も運用額が大きいのはビットコイントラストであり、2020年7月から比較するとビットコイン価格は約17%の高騰に対し運用資産残高(AUM)は60%も上昇している。

グレースケールのデータ

出典:Grayscale

イーサリアムへの影響

イーサリアムトラストはグレースケールの中でもビットコインに次ぐAUMとなっており、約8億ドル(約853億円)となっており、今回のイーサリアムトラストのSEC報告会社登録は機関投資家参入障壁の軽減として大きな効果が期待できるだろう。イーサリアム価格は今回の報道で約2,500円の高騰を記録している。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】影響は? Grayscaleビットコイントラスト SEC報告会社への登録が完了
【墨汁速報】イーサリアムETFの準備か?グレースケールがイーサリアムトラストのForm10を提出
2期目に入る愛称クリプトママのヘスター・ピアス氏、SECの次期委員長との声も

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではグレースケールのAUM分析やイーサリアム2.0の最新動向、実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース仮想通貨市場が「イーサリアムの年」ともてはやされる理由
次のニュース【墨汁速報】テスト結果は?イーサリアム2.0 Zinkenテストネットが無事ローンチ
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者