【墨汁速報】仮想通貨ファンドグレースケールのGDLC リップル(XRP)を全売却しBTCやETHへ投資

編集部おすすめ

【墨汁速報】仮想通貨ファンドグレースケールのGDLC リップル(XRP)を全売却しBTCやETHへ投資

世界最大手仮想通貨ファンドのグレースケール(Grayscale)は、米国証券取引委員会(SEC)のリップル社提訴を懸念してかグレースケールデジタルラージキャップファンド(GDLC)の運用するXRPをすべて売却したことを発表。XRP価格は22円を推移している。

関連記事:【墨汁速報】SEC正式にリップル社を証券取引法違反で起訴 非登録証券のXRPを売却した疑い

グレースケールXRPを売却

グレースケールのプレスリリースによると、ファンドの指定参加者(AP)であるGenesis Global Trading Incが2021年1月15日に一時的にXRPの売買を停止することを受け、GDLCのポートフォリオからXRPを除外し売却したと発表。

グレースケールによると「運用資産への選定基準を満たしていたとしても、もし指定参加者が取引を行う能力を持たないか、他の方法でサポートができない場合、運用している仮想通貨をポートフォリオから除外することがある」としている。

そのためグレースケールはXRPをポートフォリオから除外し売却。それらの資金でビットコインなどへ再投資した。

ビットコインやイーサリアムへ再投資

グレースケールは2021年1月4日XRPを売却するまで、ファンドの運用資金の1.46%を保有していた。1月4日時点でのGDLCのAUM(運用額)は2.826億ドル(約291億円)を運用していたため、4.25億円のXRPを売却したと仮定できる。リップル価格は約22円を推移していたため、グレースケールは約1931万XRPを売却したと見られるだろう。

GDLCはXRP売却後、それらの資金でビットコインなどに再投資しており

  • ビットコイン(BTC):81.63%
  • イーサリアム(ETH):15.86%
  • ライトコイン(LTC):1.43%
  • ビットコインキャッシュ(BCH):1.08%

の比率となっている。

出典:Grayscale

XRPトラストの新規受付停止

GDLCは仮想通貨の時価総額を加重し、GDLCへの投資でビットコインやイーサリアムなどに投資することができるプロダクトであり、XRPのみを運用する「リップルトラスト」とは異なる。グレースケールの法務主任クレイグ・サルム(Craig Salm)氏によるとXRPトラストの新規受付を2020年12月23日付けで停止しているとしている。

関連記事:【墨汁速報】リップル2大マーケットメイカーXRPの流動性提供を停止 リップル社のSEC起訴を受けて

これらの仮想通貨ファンドの動きは、ビットコインETF申請で有名となったビットワイズ(Bitwise)が12月末の段階で動いており、ファンドの運用額の3.8%のXRPを売却し、ビットコインやイーサリアムに再投資していた。また米国仮想通貨取引所もXRPの上場廃止を行っており、バイナンスUSやBittrexなどが2020年末に対応しており、世界的に米国市場から撤退している。一方でこれらの影響か、ビットコインは市場初の300万円を超え、イーサリアムはコロナショックから1年足らずで10倍のテンバガーコインとなっている。

【こんな記事も読まれています】
2020年は名実共にイーサリアムの年 1年で大きく変わったETH需要
仮想通貨市場2021年も強気相場が予想される要因を探る
ビットコイン(BTC)価格はまだ上がる?強気市場が続くと考えられる理由

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Grayscale Digital Large Cap Fund Announces Rebalancing of Fund

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースウクライナのDX省がステラと覚書署名、仮想通貨の戦略的開発へ
次のニュースシンガポールがアジアのシリコンバレー実現を目指す、手始めにブロックチェーン商用化
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者