目覚ましいUSDTの成長、ビットコイン(BTC)の日量を上回る勢い

編集部おすすめ

目覚ましいUSDTの成長 ビットコイン(BTC)の日量を上回る勢い

暗号資産(仮想通貨)の世界では、ステーブルコインの需要が2019年以来大きく伸びています。代表的なステーブルコインであるテザー(Tether/USDT)は今や、毎日の取引額でビットコイン(BTC) のそれを初めて上回る勢いになっています。

ステーブルコインの取引高がビットコイン(BTC)を上回る

ブルームバーグ(Bloomberg)は7月22日、コインメトリクス(Coin Metrix)のデータを引用して、USDTを含むステーブルコインの取引額が6月29日、ビットコインのそれを上回ったと伝えました。USDT単独でも遠からずビットコインを上回るだろうと予測されます。

仮想通貨市場にけるステーブルコインの成長は、なお広く安全な避難先と見なされている米ドル依存とともにDeFi(分散型金融)ブームに根差しています。その結果ステーブルコイン市場に大量の資金が流入し、今やその総額は120億ドル(約1兆3,000億円)に達しようとしています。

特出するテザー(USDT)は単独でビットコイン(BTC)を抜く勢い

ステーブルコインの中でも特にテザー(USDT)は特出しており、その市場価格(時価総額)は100億ドルを超えました。

2020年上半期には、ステーブルコインの値動きがいったん緩慢になりました。その結果投資家は、ビットコインやその他のくつかの主要な仮想通貨の値上がりに関心を向けるようになりました。新型コロナウイルスの世界的まん延による経済停滞が影響して、株式市場と仮想通貨市場とも下落、ビットコイン価格は一時3800ドルまで下落しました。

基準仮想通貨とされるビットコイン価格は、7月28日にようやく抵抗線とされる1万500ドルを超えましたが、それまでの数カ月間は9000ドル台にとどまり、ボラティリティが小さくなるとともに、投資家の目は再びステーブルコインに向く転機となりました。

仮想通貨データベースのメサーリ(Messari)の研究者ライアン・ワトキンス(Ryan Watkins)氏は「ステーブルコインのマネタリーベースは2020年Q1に、24億ドル増えて80億ドルを超えるまで成長した。Q2にはさらに38億ドル付加されて、120億ドルを超える市場になった」と分析します。

同氏はさらに、「ユーザーの多くは、ビットコインやイーサリアム(ETH)のような価格変動の激しい仮想通貨を取り引きせず、むしろ長く持ち続けたいと思っている。ステーブルコインそれに代わる優れたコインである」とコメントしています。

テザー(USDT)は特出しており単独でBTCの市場価格を抜く勢い

仮想通貨オンライン情報サイトのクリプトスレート(CryptoSlate)のデータによると ステーブルコインのエコシステムは今や、市場価格115億5,000万ドルとなったと発表しています。

中でも注目されるのがテザー(USDT)であり、最も支配的な仮想通貨としてビットコインをしのぐと予測されます。メサーリのデータによると、30日期間の日平均取引額を比較すると、USDTは現在ビットコインの17億5000万ドルにほぼ近づいています。

ワトキンス氏は「USDTは遠からずパブリックブロックチェーンの支配的な通貨として、ビットコインを上回るだろう」と予測しています。イールドファーミングのトレンドからUSDTの利用が増え、すでに市場として確立したビットコインの日平均取引量が平行線もしくは下落傾向にあったことから、テザー(USDT)が取引高でビットコインを逆転する可能性が強まっています。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Tether (USDT) is about to pass Bitcoin’s average daily transaction value
Bitcoin Daily Transaction Value Is Set to Fall Below Tether’s

【こんな記事も読まれています】
凍結された6億円相当のテザー(USDT)と仮想通貨市場への影響
テザー(USDT)の時価総額がBTC、ETHに次いで1兆円達成
テザー(Tether)が増刷してビットコイン(BTC)の価格を不正に操作しているという嘘


前のニュースアメリカで仮想通貨詐欺に関する起訴状が提出!被害総額は8億円相当
次のニュースマイクロソフトがインドでのサイバー脅威増加を発表、仮想通貨マイニング攻撃は世界平均の4.6倍
長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。