hacker

ビットコインと聞いてマウントゴックスの事件を思い出す人もいるかもしれません。当時世界最大のビットコイン取引所からビットコインが流出し、世界中の多くのユーザーが被害を受けました。

現在日本では利用者保護の観点から金融庁が仮想通貨交換業者の登録制などの規制を設けて、一定の水準を満たした取引所しか運営が行えないようにする整備を進めているいため、以前よりも安心して取引所が利用できるようになろうとしています。

しかし、そうはいっても何が起きるかは分かりません。日本で起きたビットコイン史上最大の事件からの教訓を活かして万が一のリスクに備えて何ができるのかを知っておきましょう。

ビットコインはウォレットに入れておこう

一日に何往復もトレードする分は取引所においておく他ないですが、中~長期間でビットコイン投資を考えている場合はウォレットに入れて管理することが推奨されています。

その理由は取引所にはビットコインが大量に保管してあるため、ハッカーの標的になってしまう可能性があるからです。取引所から出して自分のウォレットに入れておけば取引所に何があっても自分のビットコインを守ることができます。

ウォレットにはいくつか種類がありますが、お財布の中に入れられるくらいの金額であればスマホのアプリを無料でダウンロードして、そこに保管しておくのでよいでしょう。

大量のビットコインを長期間で保有したい場合やインターネットに接続せずより安全に保管をしておきたい場合、3000円~1万円程度で購入できるハードウェアウォレットがいいでしょう。ペーパーウォレットという紙に印刷するタイプもありますが、これを作るのに使用するパソコンがウィルスに感染等していると逆に危険であるため、よく分からない場合はトレザーなどよく利用されているハードウェアを購入してしまった方がよいです。

セルフGOXに要注意、復元フレーズを必ずメモ

ビットコインを自分のウォレットで保管する時にポイントが1つあります。逆に1つしかないので必ず守って欲しいこと、それはウォレットのバックアップをとることです。

もしもビットコインが入っているスマホをどこかに落としてしまったら?もしも間違ってアプリを削除してしまったら? 小さなハードウェアをまさか紛失してしまったら?こんな緊急事態が起きてしまってもバックアップがあれば安心です。

例えばモバイルウォレットはダウンロード後すぐに12個の単語を紙にメモするように促されます。面倒だが、紙とペンを用意してメモをとりましょう。これがあれば、秘密鍵を復元することができるので、別のウォレットからでも自分の資産にアクセスできます。もし復元フレーズをほかの人に見られたり盗まれたりすると、ビットコインを全部持っていかれる可能性もあるため、保管もしっかりしておきましょう。