仮想通貨の保管に適しているのは?

3357

編集部ピックアップ

ビットコインをはじめとする仮想通貨ですが、どのような形で保管するのがベストなのでしょうか?仮想通貨は現物がなく、インターネット上の数値で保有している量を知ることができます。

取引所で購入した仮想通貨をそのまま取引所に置いている人が多いと思います。取引所取引所を信用しているならば、何ら問題はありません。ですが、マウントゴックス事件のように、取引所に預けている場合、仮想通貨がなくなってしまうかもしれません。

仮想通貨は基本的に秘密鍵を知っている人のみ送金することができます。逆に言えば、秘密鍵を知らない人は、いくらウォレットの中身を知っていても、それを送金することができません。

取引所に預けているウォレットでは、秘密鍵を取引所に預けている状態にあります。つまり、何らかの要因で取引所で開設した自分のアカウントがハッキングされたりした場合、自分の意思とは無関係に保有している通貨を送金されてしまう恐れがあるのです。

頻繁に取引しないのであれば、取引所ではなく、自身のウォレットに送金し保管しておくのがいいでしょう。ウォレットは種類が豊富なので紹介していきます。

ウェブウォレット

オンラインで稼働しているため、オンラインにつながればどんなコンピューターからもアクセスできますが、ハッキングなどのリスクがあります。

デスクトップウォレット

自分のコンピュータにインストールして利用するウォレットになります。軽量型ウォレットではない場合、ブロックチェーンの同期が必要となります。

モバイルウォレット

スマートフォンなどのアプリをインストールし動作するウォレットです。多額を入れておくのには不安がありますが、普段使いで使いやすいウォレットです。

ペーパーウォレット

受取アドレスと秘密鍵を紙に印刷することで利用できるウォレットです。アドレスに保管したい仮想通貨を送金することで使用でき、使いたい時は、秘密鍵を他のウォレットにインポートすれば使用できます。紙ベースでの保管となるため、劣化でのリスクがあります。

ハードウェアウォレット

専用の端末に保管する方法です。ペーパーウォレットのようにオフラインで利用することものです。端末を利用する際に、認証システムによって保護されているため、セキュリティの面でも優れていると言えます。ウォレットの中でも一番セキュリティーやリスク回避に良いとされているので、長期保管する際は利用すると良いでしょう。TREZORなどが有名です。(公式サイト:https://shop.trezor.io/)

クリプトスティールがあるとさらに厳重に

長期保管用のウォレットでは、ハードウェアウォレットが一番セキュリティーに強く、リスク回避できるということがわかります。そのハードウェアウォレットにクリプトスティールを組み合わせることにより、さらに厳重なものとなります。

クリプトスティールとは、スチール製の文字盤を組み合わせて保存することができるものです。秘密鍵やリカバリーフレーズなどを忘れないように紙にメモして残していると思います。(オンラインに残すには、リスクが多いです)紙で保管していると、紙の劣化・水に濡れたり、火災で燃えたりした際に消滅してしまいます。

この問題を解決するべく、クリプトスティールではスチールで文字を残すことができます。

ハードウェアウォレットのリカバリーフレーズなどと組み合わせることにより、より厳重に仮想通貨を保管することができるのです。
(公式サイト:https://cryptosteel.com/)